キャンペーン プリペイドカード

ソフトバンクカード、同カード会員向けに「バリュー」を送ることができる機能を提供開始

ソフトバンクとソフトバンク・ペイメント・サービスは、Visa加盟店で利用でき、利用額に応じてTポイントが貯まるプリペイドカード「ソフトバンクカード」に、同カード会員向けに「バリュー」を送ることができる機能を2015年12月1日(火)から開始した。

「ソフトバンクカード」は事前にチャージすることで、チャージの範囲内で利用できるプリペイドカードだ。チャージ金額を他のソフトバンクカード会員向けに送る事が可能となり、飲み会や子どもへのお小遣い等に利用できるようになった。

送る機能の場合、ソフトバンクカードに送る機能と金融機関口座に送る機能が用意されており、金融機関口座に送る場合は手数料として1回200円(税抜)の手数料が必要だ。

また、もらう機能も用意されており、例えば、飲み会の幹事で後で全員から回収する時にもらう機能を利用すると、最大10人までに依頼することが可能となる。

なお、サービスの開始を記念し、ソフトバンクカード会員にバリューを送ると、抽選で1,500人に1,000円分のバリューをプレゼントするキャンペーンを実施する。期間は2015年12月7日(月)から2016年2月8日(月)まで。金融機関口座にバリューを送る場合は対象外だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-キャンペーン, プリペイドカード
-

© 2021 ポイ探ニュース