大日本印刷、プラスチック部分を100%リサイクル材にしたICカードを提供開始

クレジット

大日本印刷、プラスチック部分を100%リサイクル材にしたICカードを提供開始

大日本印刷は、2024年4月より、プラスチック部分を100%リサイクル材にしたICカードの提供を開始した。

プラスチック部分を全てリサイクル材で製造することは困難だったが、ICカードの設計に工夫を施すことで、プラスチック部分を全てリサイクル材に置き換えることが可能になった。

大日本印刷では、これまでもリサイクルPCT-Gカード、バイオマスカードなどの環境に配慮した製品を用意していたが、新たにリサイクルPVCも環境配慮製品のラインアップに追加した。

リサイクルPVCを100%使用した製品の場合、リサイクルPVCを使用しない従来品と比較して、カード1枚あたり約19.5gのCO2排出量を削減する効果がある。

なお、リサイクルPVCを利用しない従来カードと比較して5~10%程度の価格上昇となる。

-クレジット
-,

© 2024 ポイ探ニュース