住信SBIネット銀行のプラチナデビットカード(Mastercard)を再発行してみた! 金属質感のカードの実物公開!

デビットカード

住信SBIネット銀行、プラチナデビットカード(Mastercard)の付帯サービスを変更

住信SBIネット銀行は、2022年12月15日(木)より、プラチナデビットカード(Mastercard)の付帯サービスが一部変更となる。

2022年12月31日(土)で現在利用できるBoingo Wi-Fiサービスが終了するが、12月15日(木)より、Global Data Roaming by FLEXIROAMのサービスが開始する予定だ。

Global Data Roaming by FLEXIROAMは、Flexiroamアプリで事前設定すると、約150カ国でインターネットに接続できるサービスとなる。年間で15日間、3GBまで利用でき、利用回数・データ量の制限を超えた場合は追加費用を支払うことで継続利用が可能だ。プラチナデビットカードで支払うと、15%OFFとなる。

利用方法は12月15日(木)に、住信SBIネット銀行のwebサイトで案内がある。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-デビットカード
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース