ドコモ、エコノミーMVNOでもdポイントを貯めたり・使ったりできるサービスを開始

ポイントプログラム

ドコモ、エコノミーMVNOでもdポイントを貯めたり・使ったりできるサービスを開始

ドコモは、2021年10月7日(木)に、小容量のデータ容量で提供するエコノミーMVNOとdポイントなどの連携を発表した。

最初のエコノミーMVNOとして、フリービットとNTTコミュニケーションズの2社と合意し、エコノミーMVNOとして展開する料金サービスの提供を行う。

エコノミーMVNOの提供する料金サービスの新規契約などを、全国のドコモショップ約2,300店舗で可能となり、通信料やサービス利用料に対してdポイントを獲得できるようになる。また、通信料金にdポイントを利用する事もできる。

NTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」は、2021年10月21日(木)より、エコノミーMVNOとして連携し、全国のドコモショップで「OCNモバイルONE」の取り扱い、およびOCNサービスでのdポイントの取り扱いを開始する。同日より月額550円のコースを新設し、月間の利用データ量が0.5GB、1ヵ月あたり最大10紛争等の無料通話を利用できる。

フリービットでは、2021年12月を目処に、家族が使用しているiPhoneを見守れるようになる「TONEファミリー」搭載のティーン向けSIMサービスの販売を開始する予定となっており、全国のドコモショップで「トーンモバイル for docomo」の取り扱いを開始する予定だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, , , , , , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース