沖縄銀行、三井住友カードと提携した「沖縄銀行VISAカード」の取り扱いを開始

クレジットカード

沖縄銀行、三井住友カードと提携した「沖縄銀行VISAカード」の取り扱いを開始

沖縄銀行は、2021年10月1日(金)より、三井住友カードと提携した「沖縄銀行VISAカード」の取り扱いを開始する。

「沖縄銀行VISAカード」は、沖縄銀行口座保有者向けのクレジットカードとなり、年会費はクラシックが1,375円(初年度無料)、ゴールドは11,000円だ。マイ・ペイすリボの設定があり、リボ手数料が発生する場合は、年会費がそれぞれ無料、5,500円に割引される。

カード情報がカード券面の裏面に配置されており、Visaのタッチ決済も搭載されている。沖縄銀行独自のポイントサービス「Oh!得倶楽部ポイント」が貯まる。新規入会で10ポイント、カード利用で10ポイント貯まり、沖縄銀行ATMの時間外手数料優遇などの特典を受けることが可能だ。

2022年1月31日(月)までに、新規入会し、カード利用代金決済口座に沖縄銀行を指定し、2022年2月28(月)までにカード発行されると、本会員は1,500円、家族会員は500円プレゼントされるキャンペーンを実施する。

また、2022年3月31日(木)までに、ゴールドカードを5万円以上利用すると抽選で100明に5,000円キャッシュバック、クラシックカードを3万円以上利用すると1,000名に3,000円キャッシュバックになるキャンペーンも実施する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース