明星大学経営学部での課外活動に「SDGsポイント」を導入

ポイント

明星大学経営学部での課外活動に「SDGsポイント」を導入

明星大学経営学部では、2021年9月1日(水)より、課外活動としてポイントプログラム「SDGsポイント」を導入する。

9月1日(水)より、経営学部の関連する授業でSDGsを学び、参加を希望した学生が対象。

経営学部が発行するSDGsポイントは、商品の交換や値引に使える「流通ポイント」ではなく、成果評価型の「行動ポイント」を想定している。学生は、学習管理システム上に開設するプログラムの会員登録を行った上で、自身が挑戦したSDGsの取り組みを投稿。投稿内容は経営学部の教員および代表学生による複数人で判断して認定する。1回の認定につき1ポイントを獲得可能だ。

蓄積したポイントは、1ヵ月程度の獲得数上位者を「学業とは異なる視点の貢献者」として学習管理システムのコース上で表彰するほか、上位者の取り組み内容を会員学生間で共有する。

学生はSDGsの取り組みに対して、ポイント収集をゲーム感覚で楽しみながら継続し、実践によってSDGsの本質を理解する効果が期待できる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ポイント
-,

© 2024 ポイ探ニュース