Amazon、東海地方で生鮮食品のオンライン販売および最短2時間配送サービスを2021年夏頃より開始

クレジットカード

Amazon、東海地方で生鮮食品のオンライン販売および最短2時間配送サービスを2021年夏頃より開始

Amazonは、2021年夏頃より、東海・甲信越・北陸・近畿地方を中心に「スーパーマーケットバロー」を展開するバローホールディングスとの協業により、Amazonプライム会員向けサービスとして、バローの実店舗で取り扱う生鮮食品のオンライン販売および最短2時間配送サービスを開始すると発表した。

2021年夏頃より、Amazon.co.jpのwebサイトやAmazonショッピングアプリ上にバローのストアをオープンし、利用者が注文を行うと、バロー店内の専門スタッフが商品を選び、Amazonの配送ネットワークで注文から最短2時間で配送を行う。愛知県名古屋市の一部エリアから開始し、配送エリアを順次拡大する予定だ。

Amazonでは、プライム会員向けに東京・神奈川・千葉の一部エリアで「Amazonフレッシュ」を、また、食品スーパー ライフとの協業により、東京・神奈川・大阪の一部エリアでライフのストアを展開している。新たにバローとの協業により、東海地方でも生鮮食品の最短当日配送サービスを開始し、Amazonプライムの利便性向上を図る。

Amazonプライムは年会費4,900円(税込)または月額500円(税込)で利用できる有料会員プログラムとなり、配送特典を追加料金なしで無制限で利用できたり、Prime Videoの会員対象コンテンツの視聴や、Prime Musicなどの特典を利用することが可能だ。Amazon Mastercardゴールドを保有すると、Amazonプライムが自動付帯する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース