楽天ウォレット、ビットコインなどをラック店キャッシュにチャージ可能に

キャンペーン プリペイドカード ポイントカード

楽天ウォレット、ビットコインなどを楽天キャッシュにチャージ可能に

楽天ペイメントと楽天ウォレットは、2021年2月24日(水)より、暗号資産の現物取引サービスで、ビットコインなどの暗号資産を楽天キャッシュにチャージできるサービスを開始した。

ビットコインなどの暗号資産を楽天キャッシュにチャージする事で、楽天ペイ(アプリ決済)や楽天ポイントカードの加盟店で利用する事が可能となる。対象の暗号資産はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3種類。

従来までは、楽天ウォレットで扱う暗号資産では、売却後に300円(税込)の手数料を支払う事で銀行口座を経由して出金・利用する事が可能だった。楽天キャッシュにチャージする際には手数料無料でチャージする事ができるため、暗号資産を手数料無料で街ナカやオンラインで利用可能となる。

楽天ペイ(アプリ決済)で楽天キャッシュを使って支払うと1%の楽天ポイントを貯めることができ、暗号資産を便利に・おトクに活用できる。

2021年2月24日(水)~3月24日(水)までの間、暗号資産から楽天キャッシュにチャージすると最大1,000ポイント獲得できるキャンペーンも実施する。1回当たりのチャージ金額が1,000円以上で100ポイント、5,000円以上で500ポイント、10,000円以上で1,000ポイントの獲得だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-キャンペーン, プリペイドカード, ポイントカード
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース