You Are Here: Home » ポイントプログラム » SBI証券、投資信託の買付でTポイントを使え、国内株式現物取引でTポイントが貯まるサービスを開始

SBI証券、投資信託の買付でTポイントを使え、国内株式現物取引でTポイントが貯まるサービスを開始

SBI証券、投資信託の買付でTポイントを使え、国内株式現物取引でTポイントが貯まるサービスを開始

SBI証券とTポイント・ジャパンは、2019年7月20日(土)より、SBI証券でTポイントサービスを導入すると発表した。

投資信託の買付代金にTポイントを利用できたり、国内株式現物の取引などに応じてTポイントを貯めることができるようになる。

投資信託買付代金に利用できるポイントの利用単位は1ポイントからとなり、通常ポイントとSBI証券でのみ利用できる期間固定Tポイントが対象だ。積立買付、口数買付、ジュニアNISA口座における買付時にはTポイントを利用することはできない。

また、対象となる取引やサービスを利用するとTポイントを貯められるサービスも開始する。従来は、取引実績などに応じてSBIポイントを貯めることができたが、7月20日(土)以降は、利用規約に同意するとTポイントを貯めることができるようになる。移行期間中の2020年1月31日(金)までに同意しない場合は、従来通りSBIポイントの付与となる。なお、Tポイント利用に同意した場合でも貯まっているSBIポイントはそのまま利用する事が可能だ。

国内株式現物取引では、スタンダードプランおよびPTS取引の月間合計手数料の1.1%相当のポイントを獲得できる。投資信託の残高に応じてポイントが貯まる投信マイレージでは、月間平均保有額が1,000万円未満の場合は年率0.1%相当のTポイント、1,000万円以上の場合は0.2%相当のTポイントを獲得でき、銘柄によっては0.1%未満になる事もある。金・プラチナ取引では、スポット取引および積立買付の月間合計手数料の1.0%相当のTポイントを獲得可能だ。

各種キャンペーンや新規口座開設の場合、獲得できるポイントはSBI証券でのみ利用できる期間固定Tポイントとなる。

2019年9月30日(月)までの間、3つのキャンペーンを実施する。抽選で20名に100万Tポイントが当たるキャンペーン、口座開設で20万ポイントの期間固定Tポイントを100名で山分けするキャンペーン、先着6万名限定でTカード番号を登録すると期間固定Tポイント100ポイントを獲得できるキャンペーンとなる。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 6846

© 2013 ポイ探

Scroll to top