プリペイド

ドコモ、金融機関向けに「ドコモ レンディングプラットフォーム」を開始

ドコモは、2019年3月頃より、金融機関向けに「ドコモ レンディングプラットフォーム」の提供を開始すると発表した。

「ドコモ レンディングプラットフォーム」は、ドコモのビッグデータを活用した「ドコモスコアリング」の提供、スマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」の提供を行う。

「ドコモスコアリング」は、ドコモの各種サービスの利用状況などのビッグデータを解析し、自動的に算出した個人の信用スコアを金融機関の審査に活用できる仕組みとなる。金融機関は、この信用スコアを活用して審査することで、適切な金利・貸出枠を設定することが可能となる。

「レンディングマネージャー」は、融資サービスを利用する人向けのスマートフォンアプリだ。金融機関での借入から返済までの手続きがアプリで完結する。また、家計と借り入れ状況を可視化し、最適な返済計画をアドバイスする仕組みも用意される。

「ドコモ レンディングプラットフォーム」は、dアカウントやドコモ口座など、ドコモが提供するサービスと連携し、金融機関がドコモ口座に融資金を24時間365日、いつでも入金できるサービスも可能となる。

「ドコモ レンディングプラットフォーム」を活用した融資サービスの第一弾として、新生銀行が2019年3月に新たな融資サービスを提供する予定だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-プリペイド
-, , , , ,

© 2024 ポイ探ニュース