ポイントプログラム

阪急不動産、ジオSポイントサービスの対象物件、ポイントアップ対象施設を拡充

阪急不動産は、2016年10月よりサービスを開始した「ジオSポイントサービス」について、対象物件およびポイントアップ対象施設を2017年10月5日(木)から拡充した。

ジオSポイントサービスは、STACIAカード限定の特典となり、対象物件を購入すると、阪急阪神グループの共通ポイント「Sポイント」が20,000ポイント獲得できるサービスとなる。また、対象物件の契約者は、対象施設でのSポイントの付与率が、2年間通常より1%アップする特典だ。

対象物件が、ジオ西宮北口 長田町、ジオ西宮北口 ザ・クレール、ジオ宝塚南口が追加となり、ポイントアップ対象施設が、阪急百貨店、阪神百貨店、イズミヤグループ、阪急オアシス、エビスタ西宮、G・コレクション阪急宝塚、宝塚ホテルが追加となった。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース