You Are Here: Home » 電子マネー (Page 7)

メルペイ、オンラインでの本人確認(eKYC)を導入 後払いサービス「メルペイあと払い」も開始

メルペイは、2019年4月23日(火)より、オンラインで本人確認が完了する「アプリでかんたん本人確認」の提供を開始した。 アプリでかんたん本人確認(eKYC)では、スマートフォンで顔の写真と運転免許証などを撮影し、名前や住所などを入力することで、オンラインで本人確認が完了するサービスだ。申請後、数時間程度で本人確認が完了する。 また、メルカリにおける過去の利用実績などを元に、商品購入代金を後払いできるサービス「メルカリ月イチ払い」を全国のメルペイ加盟店にも広げた「メルペイあと払い」も開始した。 「メルペイあと払い」は、1ヵ月に5万円を上限金額とし、メルカリでの商品購入代金や全国のメルペイ加盟店での支払を、翌月にまとめて行うことができる支払方法だ。購入金額は、翌月中にコンビニ・ATMや口座振替で支払うことができる。メルペイに残高がなくても、都度チャージする手間がなくなるが、手数料は支払時に300円必要だ。 20 ...

Read more

京都の下鴨神社でクレジットカードや電子マネーの決済サービスが開始

京都の下鴨神社では、2019年5月1日(水)より、クレジットカードと電子マネーによる決済サービスを開始する。 下鴨神社は世界遺産に登録されており、国内のみならず海外からの人気も高く、年間300万人の方が参拝されている。 これまで現金決済のみだったが、クレジットカードや電子マネーでの決済に対応する。境内でのお守りや記念品の授与などでキャッシュレス決済が可能となる。ただし、お賽銭についてはクレジットカードや電子マネー決済は対応していない。 利用できるクレジットカードは、Visa、Mastercard、銀聯となり、Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレスにも対応。iDや楽天Edy、WAON、nanaco、PiTaPa、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、はやかけんにも対応する。 ...

Read more

ポケットチェンジ、海外旅行で使った外貨を電子マネーやギフト券に交換できる「ポケットチェンジ」を広島・仙台・東京・福岡・別府の5都市で新規サービス提供を開始

ポケットチェンジは、2019年4月に海外旅行の際に余った外国通貨・紙幣を自国で使える電子マネーなどに交換できる専用端末「ポケットチェンジ」を全国5都市で増設した。 ポケットチェンジサービスは、これまで羽田空港ターミナルビルを始め、鉄道やホテル、商業施設など全国35箇所に導入されている。新たに、広島・仙台・東京・福岡・別府の5都市に新設し、サービス提供を開始した。 設置場所は、エスパル仙台 東館2階「伊達のこみち」出入り口付近、H.I.S.広島本店、東急トラベルサロン二子玉川駅、H.I.S.福岡パルコ営業所、WANDER COMPASS BEPPU。 米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円が紙幣・硬貨ともに対応し、台湾ドル、香港ドル、シンガポールドル、タイバーツ、ベトナムドンが紙幣のみに対応だ。 交換できる電子マネー・ギフト券は、交通系電子マネーの他、WAON、楽天Edy、nanaco、Amazonギフト券 ...

Read more

福岡地所、キャナルシティ博多やマリノアシティ福岡などでコード決済サービスに対応

福岡地所は、同社が運営する全書業施設において、2019年4月25日(木)よりスマートフォンを用いた9種類のQRコード・バーコード決済サービスを導入すると発表した。 キャナルシティ博多、マリノアシティ福岡、リバーウォーク北九州、木の葉モール橋本、パークプレイス大分で導入され、LINE Pay、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、Origami Pay、pring、d払い、メルペイが利用できる。また、AlipayとWeChat Payにも対応する。 WAON、QUICPay、iDやクレジットカードにも対応しており、商業施設によっては交通系ICカードや楽天Edy、Visaのタッチ決済にも対応する。 コード決済サービスはクレジットカード払いに対応している場合は、クレジットカードのポイントを貯められる。また、d払いや楽天ペイ(アプリ決済)、PayPay、LINE Payは支払時に0.5~最大5%程度のポイントまたは残 ...

Read more

PayPay、ユーザー同士で割り勘ができるサービスを開始 最大1万円分の残高があたるキャンペーンも

PayPayは、2019年4月22日(月)より、PayPayの利用者同士で「わりかん」ができるサービスを開始した。 アプリのホーム画面にある「わりかん」から、割り勘の作成や支払ができる。均等に分けるだけでなく、参加者毎に個別の支払額を設定することも可能だ。 2019年4月26日(金)~5月6日(月)までの間、参加者の支払合計金額が5,000円以上の「わりかん」を作成して参加者全員の支払が完了すると、抽選で1日50人に1万円相当のPayPayボーナスを、抽選で500人に1,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントするキャンペーンも実施する。 ...

Read more

JCB、人工知能搭載レジの本格導入を開始

JCBは、2019年4月よりサインポストが開発した人工知能搭載レジ「Wonder Register(ワンダーレジ)」をJCB高田馬場オフィスで本格導入した。 2018年9月28日(金)~2019年3月29日(金)までの間、JCB高田馬場オフィス内の売店などで実証実験を行った。実証実験では、ワンダーレジに商品やお弁当を置くと、画像識別技術で金額が自動算出され、電子マネーのQUICPayで支払う流れとなる。画像認識のため、センサーや電子タグは不要だ。 実証実験の結果、売店利用者のうち8割以上が有人レジではなく、ワンダーレジを利用し、スタッフによるレジ打ちなどの業務が大幅に削減した。さらに、販売スタッフが不在時でも商品購入が可能となり、売上が4割増加した。 今後、JCB加盟店への紹介なども行っていく。 ...

Read more

メルペイ、阿波銀行・群馬銀行・滋賀銀行・千葉興業銀行・筑波銀行・仙台銀行・北海道銀行と提携

メルペイは、2019年4月22日(月)より、阿波銀行・群馬銀行・滋賀銀行・千葉興業銀行・筑波銀行・仙台銀行・北海道銀行と提携し、リアルタイムに銀行口座からチャージできるサービスを開始した。 メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」の売上金を日常の買い物に利用する事ができるサービスだ。また、不足分は銀行口座からチャージして利用する事もできる。 阿波銀行・群馬銀行・滋賀銀行・千葉興業銀行・筑波銀行・仙台銀行・北海道銀行の銀行口座を保有している方は、メルペイに一度登録する事で、次回以降はアプリの操作だけでチャージが完了する。 メルペイはiD加盟店で利用したり、コード決済で残高を利用する事ができ、コンビニやドラッグストア、ファーストフード店などで利用する事ができる。 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top