You Are Here: Home » 電子マネー (Page 5)

ドラッグストアの「薬王堂」で電子マネーやコード決済を導入

東北6県で運営するドラッグストア「薬王堂」では、2019年3月1日(金)より、キャッシュレス決済サービスを拡張すると発表した。 新たに、nanaco、WAON、Suicaなどの交通系ICカードの利用が可能となる。さらに、コード決済7種類も導入。対象は楽天ペイ(アプリ決済)、d払い、LINE Pay、PayPay、Origami Pay、Alipay、WeChat Pay。 コード決済時には、アプリに表示されているバーコードを読み取ってもらうことで決済することができ、楽天ペイ(アプリ決済)やd払い、PayPayは事前にクレジットカードを登録していると、クレジットカードのポイントとは別に0.5%のポイントや残高を獲得できる。 LINE Payは2019年7月末まではコード決済時に3%のLINEポイントを、前月の利用実績に応じて0.5~2%のLINEポイントを別途獲得可能だ。 ...

Read more

伊勢市、伊勢志摩WAONカードを活用した地域共通ポイント「伊勢マイル」を開始

伊勢市は、2019年2月16日(土)より「伊勢志摩WAON」を活用した地域共通ポイント「伊勢マイル」を開始した。 伊勢マイルは、伊勢マイルの加盟店で利用したときに200円(税抜)につき1ポイント貯まるサービスとなる。1ポイント=1円として加盟店で利用する事が可能だ。 また、WAON加盟店の場合は200円(税抜)につき1 WAONポイントを貯めることができ、貯まったWAONポイントはWAONにチャージして利用することができる。 伊勢マイル加盟店かつWAON加盟店で伊勢志摩WAONカードを利用した場合は両方のポイントが貯まるが、イオンやマックスバリュではWAONポイントのみとなる。 伊勢マイルの有効期限は最後にポイントを獲得した日から180日となり、ポイントを獲得すれば自動的に延長される。 なお、通常のWAONカードやその他ご当地WAONの場合は伊勢マイル加盟店で利用してもポイントを貯めたり使ったりする事はできな ...

Read more

東京都渋谷区、キャッシュレス決済の導入を促進

東京都渋谷区では、2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火)までの間、商店街などにキャッシュレス決済の導入を促進する。 渋谷区がキャッシュレス決済推進業務受託者に委託し、LINE Payやd払いなどのコード決済やSuica、PASMOなどの電子マネー、クレジットカードなどの手数料などを調整する。 主に商店会に加盟する中小・小規模事業者などに約500台の端末を導入。 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け、インバウンドの受け入れや消費税率引き上げなどへの対応の予算として4,900万円を計上する。 ...

Read more

楽天、新たな「楽天ペイアプリ」をリリース 全てのペイメントを統合

楽天は、2019年3月18日(月)に楽天ペイアプリをアップデートし、全ての決済手段が単一のプラットフォームに統合すると発表した。 2019年4月より、楽天ペイメントを設立し、楽天ペイ、楽天Edy、楽天ポイントを統合する新会社となる。 従来の楽天ペイアプリでは、楽天スーパーポイントや楽天キャッシュ残高の確認・利用、楽天カードやVisa・Mastercardブランドのクレジットカードを利用できるコード決済、楽天ポイントカードアプリへのショートカットが搭載されていたが、新しい楽天ペイアプリでは楽天Edyのショートカットも搭載され、FeliCaによる決済サービスもアプリからアクセス可能となる。 開始当初は、独立したアプリも併用するが、将来は全て楽天ペイアプリに統合する予定だ。 ...

Read more

イオン、高知市のご当地WAON「よさこいWAON」を発行 WAONカードの利用で高知市に寄附

イオンは、2019年2月1日(金)より、高知県高知市のご当地WAONカード「よさこいWAON」を発行すると発表した。 よさこいWAONをWAON加盟店で利用すると、200円(税込)につき1 WAONポイントが貯まる電子マネーとなる。チャージ上限は5万円、発行手数料は1枚300円(税込)だ。 なお、よさこいWAONを利用すると、利用金額の一部がイオンから高知市に寄附され、「高知のよさこい祭りの発展と観光振興」に役立てられる。 販売場所は四国にある「イオン」 「イオンスタイル」 「マルナカ」となり、順次全国のイオン店舗で発売する。 ...

Read more

JR東日本グループ運営の首都圏駅ナカ9店舗でモバイルオーダー実証実験を開始

JR東日本グループ運営の首都圏駅ナカ9店舗で、2019年1月28日(月)より、モバイルオーダーの実証実験を開始した。 JRグループ運営の駅弁屋、 ベッカーズ、 ほんのり屋の計9店舗の一部商品をスマホで事前に注文・決済することで、 店頭で待たずに受け取れるサービスとなる。 また、モバイルオーダーサービス「O:der(オーダー)」を提供するショーケース・ギグが共同開発中のSuica等交通系ICカード対応セルフ注文・決済端末を実店舗に配置予定となっている。 レジ前の行列解消と店舗オペレーション軽減を可能にし、店舗のキャッシュレス化および省人化を実現する。 JR東日本のコーポレートベンチャーキャピタルであるJR東日本スタートアップとモバイル決済システムのショーケース・ギグとの2018年10月の資本業務提携を受け、JR東日本グループの駅ナカ施設の混雑緩和やキャッシュレス化を図る取り組みだ。 ...

Read more

京都の二条城で入場料などのクレジットカードや電子マネー決済が可能に

世界遺産の元離宮二条城では、2019年4月1日(月)より、入城料や観覧料などの支払時にクレジットカードや電子マネーを利用できるサービスを開始する。 二条城の来城者の6割以上が外国人観光客となっており、更なる利便性を図り、満足度を高めることを目的とし、窓口および自動券売機でクレジットカード、電子マネー、QRコード決済を導入する。 入城料や二の丸御殿観覧券、展示収蔵館入館券、音声ガイド代金、公式ガイドブックなどの支払時にVisaまたはMastercard、PiTaPaを除く9つの交通系ICカード、WAON、nanaco、楽天Edyでの支払が可能だ。QRコード決済はAlipay、WeChat Payのみの対応となる。 現在、二条城内の売店などでは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、銀聯が利用でき、Suicaなどの交通系ICカード、WAON、nanaco ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top