You Are Here: Home » 電子マネー (Page 5)

凸版印刷、地域のキャッシュレス化を実現する決済プラットフォーム「地域Pay」を開始

凸版印刷は、2019年5月22日(水)より、地域のキャッシュレス化を実現する決済プラットフォーム「地域Pay(チイキペイ)」を開始した。 地域Payは、自治体や商店街における独自の電子マネー、ポイント、プレミアム商品券、給付金、観光客向けのクーポン発行など、地域における複数の決済サービスを地域の特徴に応じて組み合わせ、デジタル化することが可能となる。 住民などの利用者は、1枚のカードやスマートフォンのアプリを通じて各種決済サービスを利用することが可能だ。 地域Payの初期導入費用はカード発行・アプリ開発費用などが別途見積もりとなり、管理運用費用は月額で数万円程度となる。 ...

Read more

JR西日本グループでコード決済や電子マネー決済の利用が可能に

JR西日本は、2019年5月21日(火)より、ショッピングセンター28施設内の約3,000店舗に、コード決済サービスや電子マネー決済を順次導入すると発表した。 5月21日(火)より、天王寺ミオ・和歌山ミオで利用できるようになり、6月にはルビ大阪、アルビ住道、エスト、アルデ新大阪で順次利用できるようになる。また、2020年2月までに全28施設に導入予定となっている。 コード決済サービスはau PAY、Origami Pay、PayPay、メルペイ、d払い、LINE Pay、楽天ペイ(アプリ決済)に加え、Alipay、WeChat Payを導入する。また、ICOCAなどの交通系ICカード、楽天Edy、WAON、nanaco、iD、QUICPay、PiTaPaの利用が可能だ。 既に導入済みのクレジットカードや交通系電子マネー決済に加えて、9ブランドのコード決済、7ブランドの電子マネー決済が追加となる。 ...

Read more

TポイントからSuicaへのポイント交換サービスが終了

Yahoo! JAPANカードSuicaのサービス終了に伴い、2019年6月13日(木)にTポイントからSuicaへのチャージサービスが終了となる。 Yahoo! JAPANカードSuicaは、2015年3月31日(火)で新規入会申込の停止、更新カードの発行は同年7月1日(水)より停止。さらに、8月からはカード自体の利用もできなくなっている。 新たに、2019年6月13日(木)の午前中より、TポイントからSuicaへの交換サービスも終了となる。 ...

Read more

メルペイ、オンラインでの本人確認(eKYC)を導入 後払いサービス「メルペイあと払い」も開始

メルペイは、2019年4月23日(火)より、オンラインで本人確認が完了する「アプリでかんたん本人確認」の提供を開始した。 アプリでかんたん本人確認(eKYC)では、スマートフォンで顔の写真と運転免許証などを撮影し、名前や住所などを入力することで、オンラインで本人確認が完了するサービスだ。申請後、数時間程度で本人確認が完了する。 また、メルカリにおける過去の利用実績などを元に、商品購入代金を後払いできるサービス「メルカリ月イチ払い」を全国のメルペイ加盟店にも広げた「メルペイあと払い」も開始した。 「メルペイあと払い」は、1ヵ月に5万円を上限金額とし、メルカリでの商品購入代金や全国のメルペイ加盟店での支払を、翌月にまとめて行うことができる支払方法だ。購入金額は、翌月中にコンビニ・ATMや口座振替で支払うことができる。メルペイに残高がなくても、都度チャージする手間がなくなるが、手数料は支払時に300円必要だ。 20 ...

Read more

京都の下鴨神社でクレジットカードや電子マネーの決済サービスが開始

京都の下鴨神社では、2019年5月1日(水)より、クレジットカードと電子マネーによる決済サービスを開始する。 下鴨神社は世界遺産に登録されており、国内のみならず海外からの人気も高く、年間300万人の方が参拝されている。 これまで現金決済のみだったが、クレジットカードや電子マネーでの決済に対応する。境内でのお守りや記念品の授与などでキャッシュレス決済が可能となる。ただし、お賽銭についてはクレジットカードや電子マネー決済は対応していない。 利用できるクレジットカードは、Visa、Mastercard、銀聯となり、Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレスにも対応。iDや楽天Edy、WAON、nanaco、PiTaPa、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、はやかけんにも対応する。 ...

Read more

ポケットチェンジ、海外旅行で使った外貨を電子マネーやギフト券に交換できる「ポケットチェンジ」を広島・仙台・東京・福岡・別府の5都市で新規サービス提供を開始

ポケットチェンジは、2019年4月に海外旅行の際に余った外国通貨・紙幣を自国で使える電子マネーなどに交換できる専用端末「ポケットチェンジ」を全国5都市で増設した。 ポケットチェンジサービスは、これまで羽田空港ターミナルビルを始め、鉄道やホテル、商業施設など全国35箇所に導入されている。新たに、広島・仙台・東京・福岡・別府の5都市に新設し、サービス提供を開始した。 設置場所は、エスパル仙台 東館2階「伊達のこみち」出入り口付近、H.I.S.広島本店、東急トラベルサロン二子玉川駅、H.I.S.福岡パルコ営業所、WANDER COMPASS BEPPU。 米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円が紙幣・硬貨ともに対応し、台湾ドル、香港ドル、シンガポールドル、タイバーツ、ベトナムドンが紙幣のみに対応だ。 交換できる電子マネー・ギフト券は、交通系電子マネーの他、WAON、楽天Edy、nanaco、Amazonギフト券 ...

Read more

福岡地所、キャナルシティ博多やマリノアシティ福岡などでコード決済サービスに対応

福岡地所は、同社が運営する全書業施設において、2019年4月25日(木)よりスマートフォンを用いた9種類のQRコード・バーコード決済サービスを導入すると発表した。 キャナルシティ博多、マリノアシティ福岡、リバーウォーク北九州、木の葉モール橋本、パークプレイス大分で導入され、LINE Pay、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、Origami Pay、pring、d払い、メルペイが利用できる。また、AlipayとWeChat Payにも対応する。 WAON、QUICPay、iDやクレジットカードにも対応しており、商業施設によっては交通系ICカードや楽天Edy、Visaのタッチ決済にも対応する。 コード決済サービスはクレジットカード払いに対応している場合は、クレジットカードのポイントを貯められる。また、d払いや楽天ペイ(アプリ決済)、PayPay、LINE Payは支払時に0.5~最大5%程度のポイントまたは残 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top