You Are Here: Home » 電子マネー

JR東日本、SuicaをモバイルSuicaに移行する際の注意点を発表

JR東日本は、2019年10月以降、Suicaでのキャッシュレス・消費者還元事業に参加しているが、カードタイプのSuicaからモバイルSuicaへの移行する際の注意点を発表した。 カードタイプのSuicaをJRE POINTのwebサイトに登録済みだったとして、モバイルSuicaやApple PayのSuicaに取り込んだ場合、再度JRE POINTのサイトで取り込み後のSuicaを登録しなければキャッシュレス・消費者還元事業の対象とならない。 モバイルSuicaとカードタイプのSuicaのSuica IDが異なるため、Suicaを取り込んだと思っていても、別のSuicaと認識されるためとなる。 従って、モバイルSuicaに移行した場合や、機種変更時にもJRE POINTサイトで変更手続を行わなければ、キャッシュレス・消費者還元事業の対象外になったり、JR東日本の在来線乗車時に2%のJRE POINTを獲得で ...

Read more

「全日食チェーン」に加盟するフードショップ小畠とケンゾーがハウス電子マネー「rabbica」の提供を開始

全日本食品が展開する「全日食チェーン」に加盟するフードショップ小畠とケンゾーは、2019年10月5日(土)より、自社で展開する店舗で利用できる電子マネーサービス「rabbica」の提供を開始した。 rabbicaはカード発行手数料が200円で、1,000円単位でチャージすることができる。1回のチャージ上限は49,000円、最大90,000円+プレミアム10,000円だ。 rabbicaは、それぞれの企業毎で別々に利用する事ができるのが特徴となっている。 ...

Read more

デイリーヤマザキなどが「Edyオートチャージ」に対応 楽天スーパーポイントの3重取りも可能に

楽天Edyは、2019年10月1日(火)より、山崎製パンが展開する全国のコンビニエンスストア「デイリーヤマザキ」「ニューヤマザキデイリーストア」「ヤマザキデイリーストアー」で「Edyオートチャージ」のサービスを開始した。 Edyオートチャージは、Edy機能付き楽天カードにチャージしたEdyの残高があらかじめ設定した金額を下回ると、自動的にEdyをチャージするサービスだ。 Edyオートチャージ機能に対応した決済端末にEdy機能付き楽天カードをかざすだけで簡単にチャージでき、手動でチャージする手間が省けてスムーズに買い物できる。 Edyチャージ時には200円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、Edyでの支払い時にも200円につき1ポイント貯まる。また、楽天ポイントカード加盟店の場合はカードを提示することで100円または200円につき1ポイント貯めることができ、ポイントの3重取りが可能となる。 Edyオー ...

Read more

ダイエー、増税後に公式アプリの利用で3%OFFのクーポンを配信

ダイエーは、2019年10月1日(火)より、ダイエー公式アプリをダウンロードすると、3%OFFで買い物できるアプリクーポンを配信すると発表した。 ダイエーでは、2018年3月より、65歳以上のWAON POINTカードや電子マネーWAON、イオンカードの会員向けに、売場のほとんどが全品5%OFFとなるパスポートを配布してきたが、新たにパスポートを利用できない方向けに、ダイエー公式アプリを利用すると、3%OFFクーポンの利用が可能となる。 食料品、日用品、衣料品などの売場ほとんどが対象となり、ワインや酒類、カタログ予約商品、たばこ、調剤薬品、有価証券などは対象外だ。 また、購買頻度が高い商品を対象にお買い得価格で販売する「安い値!」を展開しているが、増税直後の1ヵ月間は最大34品目を新たに「安い値!」として展開する。なお、2019年11月以降は対象商品を見直して展開予定となっている。 ...

Read more

みずほ銀行、Mizuho Suicaの利用でJRE POINTが貯まるサービスを開始

みずほ銀行は、2019年9月26日(木)より、みずほWallet for iOSから発行できる「Mizuho Suica」で「JRE POINT」が貯まるサービスを開始した。 みずほWallet for iOSは、2018年8月にサービスを開始した「Mizuho Suica」や2019年8月にサービスを開始した「Smart Debit」に対応しており、国内外のスーパーマーケットやコンビニエンスストア、交通機関などで利用できるスマホ決済アプリとなる。 JRE POINTのwebサイトでMizuho Suicaを登録すると、買い物やJR東日本エリアの鉄道乗車時にポイントが貯まるようになる。黄色い「JRE POINT」のステッカーのある店舗で決済すると100円(税込)または200円(税込)につき1ポイント貯まる。また、10月以降は、JRE東日本の在来線Suicaエリアでは、1回の利用額の2%のポイントを獲得できる。 ...

Read more

経産省、キャッシュレス・消費者還元事業の地図検索サイトと検索アプリを公開

経産省は、2019年9月20日(金)にキャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗を検索できるサイトとアプリを公開した。 キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日(火)~6月30日(火)までの間に実施され、対象店舗で対象のカードなどを利用して支払うと、5%や2%が還元される制度となる。 従来は6,000ページ程度のPDFから対象店舗を見つける作業が必要だったが、地図の公開により、現在地から検索したり、カテゴリーや還元率、決済手段などで検索することができるようになった。 アプリは「ポイント還元対象店舗検索アプリ」となり、iOS版が公開されているが、現時点でAndroid版をダウンロードすることができない。 検索サイト、iOS版 ...

Read more

イオン北海道、北海道日本ハムファイターズと連携した「FIGHTERS×WAON」をイオン鎌ケ谷店で発売開始

イオン北海道は、北海道日本ハムファイターズと提携した「FIGHTERS×WAON」を2019年6月16日(日)より北海道限定で発売してきたが、2019年9月17日い(火)より千葉県鎌ケ谷市のイオン鎌ケ谷店で限定発売を開始した。 FIGHTERS×WAONは、ファイターズプライマリーマークをあしらったスタンダード版と球団マスコットキャラクター「フレップ」をあしらった2種類が発行されており、FIGHTERS×WAONをWAON加盟店で利用すると、200円(税込)につき1 WAONポイントを獲得できる。また、買い物を利用した収益の一部が北海道日本ハムファイターズの地域貢献活動に活用される。 千葉県鎌ケ谷市は、北海道日本ハムファイターズの2軍本拠地となり、2019年9月17日(火)より北海道以外では「イオン鎌ケ谷店」のみでの発行だ。発行手数料は1枚当たり300円(税込)だ。 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top