You Are Here: Home » コラム (Page 165)

楽天スーパーポイントをザクザク貯めるための式 Rポイントカード+楽天カード+楽天Edy+楽天チェック

2014年10月1日(水)から開始する楽天の共通ポイント「Rポイントカード」。TカードやPontaカードのように、加盟店でRポイントカードを"提示する"と楽天スーパーポイントを貯めることができるようになる。 開始時点では、コンビニのサークルKサンクスやポプラ、飲食店のミスタードーナツやプロント、百貨店の大丸・松坂屋など約1万3400店が参加する(「Rポイントカード、11社との提携により、全国約1万3,400の店舗で利用可能に」参照)。 基本的な機能はTカードやPontaカードと同じため、今回はRポイントカードとTカード・Pontaカードとの違いを説明し、楽天スーパーポイントがザクザクたまる方法を紹介したい。 Rポイントカードは1人3枚まで登録することが可能 Tカードは基本的に1人1枚しか保有できない。複数枚のTカードを保有している場合、それぞれのTポイントを合算することはできないのだ。Pontaカードの場合は ...

Read more

電子マネーを制するものはポイントを制す なぜ電子マネーを利用するとおトクなのか

どこのお店でもポイントプログラムがあり、誰でも1枚くらいはポイントカードを持っているだろう。しかし、おトクにポイントを貯めようとすると、非常に複雑だということがわかるだろう。簡単なはずのポイントを複雑にしているのが「電子マネー」の存在だ。 おトクにポイントを貯めたいのであれば、電子マネーをどれだけ上手に利用するかが鍵となっている。なぜ、電子マネーを利用するとおトクなのだろう? おトクな理由1:電子マネーにもポイントプログラムがある 例えば、ある商品をクレジットカードで購入したとする。この時にクレジットカードのポイントが貯まる事は理解している方も多いだろう。少しでもおトクにしたいと考えている場合は、現金払いはNGだ。 次に、クレジットカードから電子マネーにチャージし、その電子マネーで商品を購入したとしよう。この場合、電子マネーにチャージした時にクレジットカードのポイントが貯まり、さらに電子マネーを利用するときに ...

Read more

実は日系エアラインよりおトク? 外資系マイレージプログラムに挑戦!

前回の記事では、ANA/JALのマイルを利用してアライアンス他社の特典航空券を発券する方法を解説した。「つまりは、エアラインさえ共通なら海外の航空会社のマイルを使ってANAやJALの特典航空券も発券できるの?」という疑問が生じる。答えはYESだ。海外の航空会社にマイルを貯めて使うこともできる上、場合によってはANA/JALにマイルを貯めるよりも有利になることもある。今回は利用しやすい外資系マイレージプログラムについて解説しよう。 1.ユナイテッド航空 ?提携カードが多く、効率よく貯めやすいプログラム? アメリカの航空会社で、ANAと同じスターアライアンスに属している。マイルの有効期限は18ヵ月だが、期限内にマイルの変動(搭乗マイルだけでなく、クレジットカードなどによる変動でも可)があれば有効期限を延長できるので、実質無期限で貯められる。提携カードも数多く発行されており、MileagePlus MUFGカード・ ...

Read more

ANAカードの最強サブカード「ソラチカカード」はExtreme Card以外でも相性抜群

ANAのマイルを貯めるのであれば、Extreme Card(エクストリームカード)+ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)がおトクだ。通常のANAカードでは、年間利用額が300万円を超えたとしても還元率は1.0%?1.09%。Extreme Card(エクストリームカード)+ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の場合は1.35%まで還元率がアップする。さらに、クレジットカードの年会費、交換手数料も安くなる。 ソラチカカードが最強のサブカードになる理由は、Gポイントからメトロポイントを経由してANAのマイルに交換するレートが高いためだ。つまり、Gポイントに交換できるポイントであればソラチカカードを保有しているとANAのマイルに効率よく交換できるということだ。 では、Gポイントに交換できるクレジットカードを見てみよう。ポイ探の逆サーチで調べると、Gポイント ...

Read more

年会費2,000円でANAのマイルを効率良く貯める方法とは? ANAカードはサブカードとして利用がおすすめ

ANAのマイルを効率良く貯めるカードは「ANA ダイナース プレミアムカード」だろう。100円につき2ポイント獲得でき1ポイントは1マイルに交換できる。還元率は2.0%だ。しかし、年会費は15万5000円+税と非常に高額となる。 では、一般カードではどうだろうか? 一般カードでは年間利用額に対するボーナスポイントを考えても還元率は1.00%?1.09%だ。年会費は、ANA VISAカードやANA VISA Suicaカードが2,000円+税、ポイントをマイルに移行するときの手数料が6,000円+税と年間8,000円+税。ANA JCBカードやソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)が2015年以降は年会費が2,000円+税、ポイントをマイルに移行するときの手数料が5,000円+税と年間7,000円+税となる(2015年4月までは年会費2,000円+税、移行手数料2,000円+税)。 ...

Read more

年会費2,000円+税でJALのマイルを効率良く貯め、マイルの有効期限を気にせずに貯められる方法とは?

ポイ探の交換先ポイントでも必ず1位2位となるJALとANAのマイル。約4割りのユーザがマイルへの交換を希望している。マイルが人気なのは、特典航空券を使うと、1マイルの価値を5円以上にすることも可能となり、マイル還元率が1%のクレジットカードを利用すれば実質還元率は5%以上となるためだ。 ただし、航空会社のクレジットカードは年会費が高額となる。JALカードでマイル還元率を1.0%にするには、通常の年会費2,000円+税に加え、JALカード ショッピングマイル・プレミアムの参加費3,000円+税が別途必要だ。毎年5,000円+税の年会費は一般カードとしては高額となる。 では、完全に陸だけでマイルを貯める場合、JALカードよりも年会費を安くするクレジットカードはないだろうか? 2014年7月30日にリクルートポイントがPontaポイントに交換できるようになり、リクルートカードプラスで貯めたポイントをPontaポイン ...

Read more

投資信託を購入・保有するときに貯まるポイントで証券口座を考える

2014年1月から開始したNISAもあり、投資を考えている人も多いだろう。証券会社を選ぶときには、取引手数料を第一優先で考えるのではないだろうか。同じ株や投資信託を購入するのでも手数料が証券会社によって大きく異り、利益が大きく変わってくる。 証券会社の手数料比較は色々なサイトで行われているため、今回は投資信託の保有で貯まるポイントだけを考えてみたい。投資信託の保有でポイントが貯まる証券口座は、楽天証券、SBI証券、マネックス証券がある。毎月の投資信託の保有残高で毎月の獲得ポイントが変わるのだ。 楽天証券には2種類のポイントプログラムが存在 「楽天銀行」と「楽天証券」の口座連携サービス「マネーブリッジ」と「ハッピープログラム」を申し込むと、楽天証券での取引や投資信託の保有残高でハッピープログラムの特典を受けることができる 毎月の投資信託の残高10万円ごとに4楽天スーパーポイントを獲得できる。50万円では20ポイ ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top