You Are Here: Home » コラム (Page 144)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの取得で、SPGアメックスとアメリカン・エキスプレス・カードを解約 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを申し込み

先日、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードを取得した。筆者はアメリカン・エキスプレス・カードとスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックス)を保有していたが、アメリカン・エキスプレス・カードとSPGアメックスを解約した。 アメリカン・エキスプレス・カードで貯めたポイントが20万ポイント近くあったが、他のクレジットカードで家族分のマイルは十分賄うことができていたためにマイルへの交換は行っていない。従って、マイルの交換レートが1:1に上がる参加費3,000円(税抜)のメンバーシップ・リワード・プラスは申し込んでいない(通常1ポイント=0.5マイル交換)。しかし、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの場合はメンバーシップ・リワード・プラスの加入が無料だ。アメリカン・エキスプレス・カードからアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カー ...

Read more

セブン-イレブンでマイル還元率1.6%以上の「ANA QUICPay+nanaco」

2015年4月1日(水)に、ANA JCBカード会員向けに、キーホルダー型の「ANA QUICPay+nanaco」が発行開始された。事前チャージタイプのnanacoと、後払いタイプのQUICPay、ANAのスキップサービスを1つのキーホルダーで利用可能だ。 2015年4月1日(水)から2015年6月30日(火)までに、入会するとOki Dokiポイント167ポイント(ボーナスポイント)を獲得できる。また、2015年7月31日(金)までに1,000円以上nanacoチャージするとnanacoポイント200ポイントを獲得可能だ。すべてANAのマイルに交換すると601マイル獲得できる。 発行手数料は300円(税抜)となっているが、601マイル獲得できるということを考えると、申し込んでも良いだろう。 なお、ANA QUICPay+nanacoの実物を確認するとFeliCaチップが透けて見えるという特徴もある。明るい ...

Read more

東京都の税金をクレジットカードで支払うときの注意点 住民税は対象外

住民税(特別区民税・都民税)は対象外 東京都が2015年4月1日(水)より、自動車税以外の税金もクレジットカードでの納付が可能となった。納付可能な都税は以下の15の税金だ。 自動車税、自動車取得税、固定資産税・都市計画税(23区内のみ)、固定資産税(償却資産)(23区内のみ)、不動産取得税、法人都民税、法人事業税、個人事業税、事業所税、地方法人特別税、軽油引取税、都たばこ税、ゴルフ場利用税、鉱区税、宿泊税 いわゆる住民税の特別区民税・都民税は対象外となっている。なぜ対象外なのかを確認するため、住民税の納付書を確認した。主管課名という箇所は「世田谷区役所納税課」となっている。一方、自動車税の場合は「都税総合事務センター」、固定資産税・都市計画税の場合は「世田谷区都税事務所」と印字されている。 住民税の徴収は、都税事務所ではなく、それぞれの区の納税課で行っているために対象外となっているのだろう。 クレジットカード ...

Read more

ANAマイラーにもおトク! Yahoo! JAPANカードの3%・Yahoo! トラベルプランの5%はすべて通常ポイント!

2015年4月1日から会員募集のあったYahoo! JAPANカードだが、筆者も申し込んで既に取得済みだ。Yahoo! JAPANカードの特徴はYahoo!ショッピング、LOHACOでポイントが常に3倍ということだ。 この3倍のポイント内訳は、以下の通りとなっている。 カード決済ポイント1%(税込) ストアポイント1%(税込・送料抜き) Yahoo!ショッピング特典1%(税込・送料抜き) ここで重要な点としては、Yahoo!ショッピング特典の1%だろう。このポイントが期間限定ポイントなのか通常ポイントなのかで大きく変わってくる。Yahoo!ショッピングで買い物している方であれば知っていることだが、ボーナス分はYahoo!ショッピングやLOHACOでしか利用できない期間限定ポイントとなる場合が殆どだ。その場合、カード決済ポイントとストアポイントはANAのマイルに交換できるが、期間限定ポイントの場合はANAのマイ ...

Read more

新生銀行で毎月Tポイントを80ポイントは貯められる! ただし、毎月エントリーが必要

新生銀行が2015年4月から取引に応じてTポイントが貯まる制度を拡大した。従来はエントリーの上、ファミリーマート等に設置されているイーネットのATMで入出金すると、1回10 Tポイント、1カ月30 Tポイントを獲得できた。2015年4月以降は、ATM以外でもTポイントを獲得できるようになったのだ。 では、どのくらいのTポイントを獲得できるのだろうか? 現実的な使い方で考えてみよう。 毎月55?80 Tポイントは貯められる! まず、イーネットATMの入出金については、1回の利用で15 Tポイントと5ポイント増えた。しかし、毎月2回までとなったため、1カ月で獲得できるTポイントは30ポイントと変わらない。しかし、3回の作業が必要だったものが2回と回数が減っているため改善だろう。もちろん、イーネットATMでの入出金時は、新生銀行キャッシュカードであれば手数料は無料だ。 次に、大きく変わった点は振込入金でもTポイント ...

Read more

ザ・クラスのコンシェルジュデスクは、JRチケットの予約に強い

筆者はコンシェルジュサービスを利用できるクレジットカードを7枚保有している。すべて「24時間365日利用可能なコンシェルジュサービスを利用可能」となっているが、コンシェルジュサービスと言っても、すべて同じクオリティでもなければ、レスポンスも異なる。チケットの代理予約を依頼すると、有償と無償、送料も無料・有料で分かれてくる。同じ「コンシェルジュサービス」でもサービス内容は大きく異なるので注意が必要だ。 大相撲の初場所千秋楽チケットも入手可能 このプレミアムカードの中のコンシェルジュデスクで、筆者が今のところ一番安心してチケット手配をお願いできるのがJCBの「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」だ。以前、大相撲初場所の千秋楽のチケット手配を依頼した事がある。クレジットカードなどの冊子に書かれているチケットは4名マス席かつお土産付きという高額のものとなる。2名でお土産なしで予約するには、一般販売で電話予約しか選択肢が ...

Read more

国内線ドットコムはおトクか? 国内線ドットコムの落とし穴

ANAとJALが共同出資している国内線航空券の購入サイト「国内線ドットコム」を知っているだろうか? 国内線ドットコムを利用してANAやJALの航空券を購入すると、国内線ドットコムのポイントが貯まり、通常通りのフライトマイルも獲得可能だ。 ANAとJALが共同出資しているため、直接購入の料金よりも高くなることはなく、全く同じ金額で購入が可能となっている。そのため、国内線ドットコムのポイント分おトクとなるということだ。 さらに、オリコモールやGポイントトラベルを経由して国内線ドットコムを利用すると、ポイントモールのポイントも貯まり、クレジットカードで決済するとクレジットカードのポイントも貯まるため、ポイント・マイルの4重取りも可能なのだ。 Pontaサイトを経由し、国内線ドットコムでJALカード決済した場合 例えば、国内線ドットコムで2015年5月1日(金)の羽田⇒那覇便を検索してみよう。JAL 903便の最安値 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top