You Are Here: Home » コラム (Page 13)

知らないところでクレジットカードが使われる「クレジットマスター」の被害に遭わないようにする方法は?

2019年3月14日(木)に、他人のクレジットカードを使って旅行をした2人が逮捕された。 手口は「クレジットマスター」とのこと。このクレジットマスターという手口は、10年以上も前から使われており、カード番号の規則性を利用して他人のカード番号を割り出す手口となる。 クレジットカードの先頭6桁はBIN番号で決まった数字になっているため、残り10桁程度のカード番号を割り出せば良いことになる。 このカード番号の規則性はネットで調べてもすぐに調べられるくらいのもので、丁寧に解説されているサイトも多い。筆者もチェックツールを作ってみたが、30分もかからずに作ることができた。 チェックツールに筆者のクレジットカード番号を入力し、正常なカード番号である事を確認する。適当にいじって正常なカード番号になるまで数字をいじればいくらでもカード番号を作ることができる。 つまり、他人のクレジットカード自体を盗む必要もなく、全く気がつかれ ...

Read more

マイルに簡単に交換出来る「Myアキュビュー」サービス刷新!ルールを確認しポイント戦略を立てよう

ジョンソン・エンド・ジョンソン社がコンタクトレンズ「アキュビュー」ブランドのポイントサービス「Myアキュビュー」を終了し、新ポイントサービスへ移行すると発表した。 ポイントが貯まりやすく、ANA、JALどちらのマイルにも交換が出来るため以前記事にて紹介したこともあるこのポイントサービス切り替えにあたり、何を確認し、自分の状況に応じてどのような対策を取るべきか、検討の方法含め紹介する。 新サービスの概要を確認 まず新旧サービスの概要を確認する。現在のサービスはコンタクトレンズの購入、並びにwebサイトでのクイズやゲーム、動画視聴などでポイントを貯め、ポイントをマイルや生活用品などに交換することが出来るサービスだ。 新サービスの詳細は不明であるが、「スマートフォン向けのアプリ」であること、「PC、インターネットブラウザ、スマートフォン以外の電話機での利用不可」であることがお知らせメールから確認できる。 ポイントに ...

Read more

JALの法人向け出張サポートサービス「JALオンライン」とは?

JALには法人向け国内出張サポートサービス「JALオンライン」がある。導入費、使用料、年会費がかからずに利用でき、専用運賃の「eビジネス6」の利用が可能だ。 このeビジネス6がどのくらい安いのかが不明のため、法人向けの「JALオンライン」を申し込むことにした。 JALオンラインを申し込む際に便利なのが、法人カードやビジネスカードだ。今回利用したのはアメックスのビジネス・カードとなり、「アメリカン・エキスプレス JALオンライン」に申込が可能だ。 JALオンラインの申込方法は? JALオンラインの申込はオンラインで行うことができず、登録申込書のダウンロードが必要だ。 まず、ビジネス・カードの特典一覧ページにアクセスする。「アメリカン・エキスプレス JALオンライン」にある「登録申込書(PDF)」をダウンロードしよう。 登録申込書には、会社名、管理責任者(カード会員)、JALオンライン利用管理者を記入する必要があ ...

Read more

三井住友プラチナカードをVisaのタッチ決済対応カードに切り替えた

三井住友カードのプロパーカードでは、2019年3月1日(金)より「Visaのタッチ決済」の搭載を開始した。 Visaのタッチ決済は、対象店舗でクレジットカードをかざすと支払うことができるサービスで、日本ではローソンやマクドナルド、TSUTAYA等で導入されている。 三井住友カードのVisaのタッチ決済搭載カードは、プロパーカードのみとなるが、提携カードに関しても順次変更となっていく。 また、Mastercardブランドの非接触IC決済であるMastercardコンタクトレスについても準備を整えている段階で、今後対応予定となる。 筆者の三井住友プラチナカードは2018年に申し込んだため、2023年まで有効期限がある。そこで、三井住友カードのプラチナデスクに電話して、切替が可能か確認したところ、すぐに切り替えますとのことだった。 1週間~10日程度で簡易書留で郵送すると言う事で、特にカード番号や有効期限が変わるこ ...

Read more

アメックスのビジネス・プラチナ・カードでミーティング・スクエアを使ってみた

ビジネス・カードとは? アメリカン・エキスプレスにはビジネス・カードがある。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの3つのラインナップとなり、個人事業主または法人代表者が申し込みすることが可能だ。 ビジネス・カードのメリットは、カード年会費を経費で落とせるだけでなく、法人口座から落とすことができるため、経費精算が楽になる。 このアメリカン・エキスプレスのビジネス・カードの中でも、ビジネス・ゴールド・カード以上のカード会員のみが利用できるサービスとして「ミーティング・スクエア」がある。 ミーティング・スクエアとは? 帝国ホテル 東京にアメリカン・エキスプレスのビジネス・カード会員向けのラウンジが用意されている。カードの年会費とは別に、月会費が2万円(税抜)必要となり、毎月1日から月末まで利用する事が可 ...

Read more

ローソン銀行のクレジットカード「ローソンPontaプラス」を申し込んで見た キャンペーンでPontaポイントがザクザク貯まる!

ローソン銀行の口座を開設し、支店名が「おべんとう支店」という強烈なインパクトの口座を保有することとなったが、新たに「ローソンPontaプラス」というクレジットカードが発行されたので早速申し込むことにした。 ローソンPontaプラスとは? ローソンPontaプラスは年会費が無料。国際ブランドはMastercardとなり、ローソンやローソンストア100、ナチュラルローソンでクレジット決済すると、100円(税抜)につき2 Pontaポイントを獲得できるカードとなる。通常のMastercard加盟店では200円(税込)につき1 Pontaポイントと還元率は0.5%だ。 なお、毎月のカード利用金額に応じて、ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンでの店舗では100円(税抜)につき最大4 Pontaポイントが貯まるステージ制も導入。 利用加盟店とポイントの種類 ポイントの貯まり方 加算タイミング ローソン、ロー ...

Read more

2019年版 ライフカードを使ったおトクな誕生日月の過ごし方

筆者は1月が誕生日月であった。還元率が下がったライフカードを今年も誕生日月でおトクになる方法で使った。2018年は還元率が2.5%であったが、今年からは還元率が1.5%となった。しかし、還元率が1.5%下がってもおトクな使い方があるので、今回2019年版として紹介をする。 ライフカード(Mastercard)+au WALLETプリペイドカード⇒Kiigoでおトクに! ライフカード(Mastercard)から直接nanacoをチャージしてもポイント付与の対象外となるが、小見出しの通りライフカード(Mastercard)からau WALLETプリペイドカード、au WALLETプリペイドカードからデジタルコード通販サイトのKiigoを経由してデジタルギフトカードのnanacoギフトコードを購入すると、ポイント付与の対象となる。 還元率としては、ライフカード(Mastercard)は1.5%で、au WALLET ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top