You Are Here: Home » コラム » マイレージ (Page 21)

東京都の自動車税をクレジットカードで支払う方法とは? 手数料を払ってもクレジットカードで支払うとおトク?

2015年4月から都税はクレジットカードでの納付が可能となった。今まではクレジットカードでチャージしたnanacoで支払っていたが、今回は東京都主税局の公式サイトからクレジットカードで支払うことにした。今回支払う税金は自動車税だ(自動車税は以前よりクレジットカード納付に対応していた)。 都税のクレジットカード支払方法は? 1.納付書兼納入決通知書を用意し、サイトにアクセス 納付書兼納入決通知書を用意し、「都税 クレジットカードお支払いサイト」にアクセスする。ページ下部にある「上記注意事項を確認しました。」にチェックを入れ「同意して次へ」ボタンをクリック。 2.納付番号等の情報の入力 納付書兼納入決通知書に記載のある納付番号、確認番号、納付区分を入力する。なお、「自動車税納税通知書」にある納付番号ではないので注意が必要だ。すべて入力し、「確認して次へ」ボタンをクリックする。 3.納付情報の確認とカード番号の入力 ...

Read more

銀行口座でANAのマイルを貯めるには? スルガ銀行ANA支店、Tポイント支店、Dバンク支店(Gポイントクラブ)、新生銀行、セブン銀行で比較

先日、スルガ銀行Tポイント支店がオープンした。筆者はスルガ銀行ANA支店を利用してANAのマイルを貯めているが、今回銀行取引でマイルを貯める方法を考えてみたい。 新規口座開設はスルガ銀行○○支店を複数開設 新規口座開設時に獲得できるマイルとしてはスルガ銀行ANA支店が500マイル、スルガ銀行Tポイント支店が1,000 Tポイント(※1)となり、TポイントをANAのマイルに交換すると500マイルと同じ条件となる。また、スルガ銀行Dバンク支店のGポイントクラブも口座開設で500G獲得できる。ソラチカカードを保有している場合は500Gをメトロポイント500ポイントに交換し、450マイルに交換することが可能だ。 ちなみに、スルガ銀行ANA支店とスルガ銀行Tポイント支店、スルガ銀行Dバンク支店(Gポイントクラブ)はそれぞれの口座を保有することが可能となっている。 ANA支店 Tポイント支店 Dバンク支店 (Gポイントク ...

Read more

SPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)はデルタ航空、エミレーツ航空、Uberのアカウントと連携できる! Crossover Rewards、Your World Rewards、Uberの連携方法と特典とは?

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(デルタアメックスゴールド)を保有しているとデルタ航空の上級会員「ゴールドメダリオン」の資格を獲得することができる。また、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)も「SPGのゴールド会員」の資格を得られる。 デルタ航空とSPGには「Crossover Rewards」制度があり、上級会員同士であればデルタ航空の搭乗でスターポイントを貯めたり、SPG参加ホテルでの滞在でスカイマイルを貯めることが可能となる。 つまり、デルタアメックスゴールドとSPGアメックスを保有しているのであればCrossover Rewardsに登録したほうが良いということだ。 このSPGのアカウント連携はデルタ航空以外にも広がってきている。現在は、エミレーツ航空、Uberとアカウント連携が可能だ。エミレーツ航空とSPGはYour ...

Read more

ヨーロッパやアフリカ、南米などの旅行には中東系エアラインを活用すべし

かつては、ヨーロッパに行くならばヨーロパ系もしくは日系エアライン、南米に行くならば米系エアラインの選択が王道だったが、世界のエアライン勢力地図が塗り替わりつつある今、その固定概念は覆されつつある。 すなわち、それは中東系エアラインの台頭にほかならない。エミレーツ航空、カタール航空、エティハド航空の3社だ。それぞれ1985年、1993年、2003年設立と、若い会社でありながら、どんどん就航都市を増やしている。ヨーロッパ系や米系の航空会社が経営難にあえぐのを横目に見ながら順調に成長を続けているのだ。 スカイスキャナーなどの航空券予約サイトで旅程を入力すると、値段も時間も中東系のエアラインが優位に立つ場合が多い。直行便の就航していないヨーロッパの都市へ行く場合や、オープンジョーのスケジュールを組む場合などは、中東系のエアラインの選択が理にかなっていると思える。中でもエミレーツ航空とカタールは航空は、羽田に就航してい ...

Read more

マイルを『購入』する?ANA/JALのマイルを間接的に購入する方法とは?

外資系航空会社ではマイルの購入(バイマイル)ができる会社が多くあるが、残念なことに、日本の航空会社であるANA/JALにはバイマイルの制度は設けられていない。しかし日本の航空会社であるがゆえに、日本国内の様々なポイント・プログラムと提携し、マイルに移行することが可能になっている。今回はポイント・プログラムを利用した間接的なマイルの購入方法について解説したい。 1.用意するカードは『ANA To Me CARD PASMO JCB』『JTBトラベルポイントJMBカード』 まず、ポイント・プログラムで得たポイントを効率よくマイルに変換するルートを確保しなくてはいけない。ANAマイルに変換するには『ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)』を利用するのが最も効率が良い。このカードがあれば、メトロポイント100ポイント=90ANAマイルのレートで交換することが可能だ。 JALマイルに変換する ...

Read more

外資系航空会社のマイルだけではなく、ANA・JALのマイルを購入する方法とは?

アメリカ系の航空会社など、一般的に外国のエアラインにおいては、マイルを購入する制度が設けられている場合が多い。例えば、デルタ航空の場合は、1マイルあたり0.035米ドルで、年間6万マイルまでの購入が可能だ。 ここ最近は、1ドル120円前後なので、1マイル=4.2円という事になる。特典航空券まであと少しマイルが足りないような場合には有効な手段と言えるが、このレートは決しておトクとは言えない。 ANAやJALの場合は、直接マイルを購入する事はできないが、間接的には購入が可能だ。例えば、無料で会員登録出来るスターウッドプリファードゲスト(SPG)の会員になれば、1スターポイントあたり0.035米ドルで購入できる。ポイント購入の上限は年間20,000ポイントで、1ポイント=1マイルの換算レートで、ANAやJALのマイル、および他の多くのエアラインのマイルに移行が可能となっている。また一度に20,000ポイントを移行す ...

Read more

ANA・JALマイラーのための都税支払い方法 直接クレジットカードでの支払いはNG

2015年4月1日(水)より都税の支払いにクレジットカードが利用できると何度か紹介したが、今回はANA・JALマイラーがおトクに都税の支払いをする方法を紹介したい。 都税をnanacoを使わずにクレジットカード決済する時に利用したいのが「au WALLETカード」だ。「au WALLETカード」はMasterCardブランドであるため、都税の支払いは可能となっている。念のためKDDIに確認したが、都税も問題なく支払いは可能との事だった。 つまり、クレジットカードで直接都税を支払うよりも、クレジットカードでチャージした「au WALLETカード」で支払えば、「au WALLETカード」のポイント分おトクということだ。 再度「au WALLETカード」へのチャージについて考えてみよう。「au WALLETカード」は10万円までチャージ可能で、クレジットカードチャージとしてはMasterCardブランドのクレジット ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top