You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 (Page 94)

ようやくゲット! 電子マネーにも強い「リクルートカードプラス(JCB)」と「リクルートカード(VISA)」の2枚持ちがおすすめ

「ライフカード」や「漢方スタイルクラブカード」のnanacoチャージ改悪、「SoftBankカード」が新規募集を終了したことで、自身の電子マネーチャージのクレジットカードの乗り換えを検討することにした。 現時点の筆者の電子マネーチャージ用クレジットカードは以下の様になっている。 年会費(税抜) 還元率 nanaco 楽天Edy Suica 漢方スタイルクラブカード 初年度無料、1,500円 1.75%〜2.0% ○ × × SoftBankカード 無料 1.0%(0.97%) ○ ○ × 「ビックカメラSuicaカード」 初年度無料、 477円(年1回の利用で無料) 1.0%〜1.5% × × ○ 「SoftBankカード」はそのままでも良いが、全体的に見直して最適なチャージ用クレジットカードを選ぶことにする。 nanacoチャージで還元率が良いカードは年会費2,000円(税抜)の「リクルートカードプラス」だ ...

Read more

家族カードもプライオリティ・パスが付帯する 海外旅行にお勧めのクレジットカードとは?

今回は「海外旅行に役立つコスパの高いカード」という視点でコラムを書いてみたい。 年に何回、どういうタイプの旅をするかによってお勧めのカードも変わるが、筆者の場合、年会費の元を充分取っていると感じるカードとして「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」がある。プラチナカードだが、インビテーションが不要で、誰でも申込可能だ。年会費は20,000円(税別)、家族カードは1枚まで無料と低く設定されている。 では「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」がなぜ海外旅行に役立つかを説明していきたい。 最大のポイントは、家族カード所持者にまで「プライオリティ・パス」が発行されるという事だ。それもプレステージ会員という、プライオリティ・パスの中でも最もステータスの高い会員で、このパスだけを買い求めると、年会費が一人あたり399米ドルも必要だ。 プライオリティ・パスを所持していると、全世 ...

Read more

【UPDATE2】Visaプリペイドカードの「ソフトバンクカード」は電子マネーチャージでのポイント付与も検討中

2015年3月6日(金)から開始されるソフトバンクのVisaプリペイド「ソフトバンクカード」。「au WALLETカード」の対抗馬と考えていたが、担当者に不明点を確認した所、予想の斜め上を行くサービスだった。 今回は、「ソフトバンクカード」の概要・おトクな点・注意点をいくつか解説したい。 「ソフトバンクカード」はTカード機能を併せ持つ還元率1.0%のカード 還元率1.0%でTポイントが貯まるクレジットカードは「Yahoo! JAPAN JCBカード」と「マジカルクラブTカードJCB」があるが、「Yahoo! JAPAN JCBカード」の場合はTカード機能がない。「マジカルクラブTカードJCB」の場合は、Tカード機能が付帯するが、1カ月3万円以上の利用時に200円につき2ポイントと条件付きの還元率1.0%となっている。そのため、今までTポイントを貯める方法としては、「Yahoo! JAPAN JCBカード」+「 ...

Read more

西武・そごうだけじゃない幅広く使える「クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン」カード

「クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン」というと、何を思い浮かべるだろうか? 西武百貨店やそごうのハウスカードで、それらの店舗で使わないと意味がないと思っている人も多いのではないだろうか? 確かに、西武百貨店やそごうでは誕生日月にクレジットカード機能のない「クラブ・オン/ミレニアムカード」か「クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン」を提示するか、「クラブ・オン/ミレニアムカード」の決済で1日に1,000円(税抜)の買い物をすると、バースデーポイントとして翌日に200ポイントが別途付与されるため西武・そごうユーザにとっては大変お得なカードである。 しかし、西武・そごうユーザーはもちろん、それ以外の方が「クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン」を持っていても大変メリットが多いので、今回それを紹介する。 1.永久不滅ポイントが貯まる 「クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン」は運営会社がセブンCSカードサービスと ...

Read more

クレジットカードで入室できるラウンジ、東京ディズニーシーのストームライダー内にある「JCB Lounge」

クレジットカードで入室できるラウンジと聞くと、ゴールドカードで入室できる空港ラウンジを思い浮かべる方も多いだろう。しかし、空港以外にもラウンジがあり、対象のクレジットカードを保有しているだけで入室できるラウンジもある。それぞれのクレジットカードで入室できるラウンジを紹介していき たい。 今回は東京ディズニーシーのストームライダー内にある「JCB Lounge」だ。 ストームライダー内のJCB Loungeはどこにある? 東京ディズニーシーのアトラクション「ストームライダー」内に設置されている。建物に入ると、スタッフ専用の扉があり、そちらから誘導される。通路の突き当りに自動ドアがあり「JCB Lounge」の表示が出てくる。 JCB Lounge内は明るいため、外に面している事になるが、実際はマジックミラーとなっているため外から中の様子をうかがうことはできない。 ストームライダー内のJCB Loungeの設備は ...

Read more

クレジットカードで入室できるラウンジ、隠れ家のような「イオンラウンジ」

クレジットカードで入室できるラウンジと聞くと、ゴールドカードで入室できる空港ラウンジを思い浮かべる方も多いだろう。しかし、空港以外にもラウンジがあり、対象のクレジットカードを保有しているだけで入室できるラウンジもある。それぞれのクレジットカードで入室できるラウンジを紹介していきたい。 今回はイオンにある「イオンラウンジ」だ。 イオンラウンジはどこにある? イオンラウンジは各イオンの店舗に設置されている。ただし、比較的小規模のイオンには設置がない場合もあるため、事前に確認が必要だ。「イオンを探す」から各店舗のWebサイトにアクセスし、サイドメニューの「営業時間」を確認すると「売場基本営業時間」に「イオンラウンジ」の表記があり、設置がない場合は「取り扱いなし」と表示されている。 設置場所は各店舗で異なるが、比較的目立たない場所に設置されている。先日、初めて行くイオンで、売り場の方にイオンラウンジの場所を尋ねたが、 ...

Read more

漢方スタイルクラブカード、nanacoチャージでのポイント付与率を改悪 ポイント交換単位は改善

漢方スタイルクラブカードは、2015年6月1日(月)より、nanacoへのクレジットカードチャージ時の利用ポイントを変更すると発表した。 現在は、2,000円ごとに7ポイント獲得できるが、2015年6月1日(月)利用分から2,000円で1ポイントとなる。1ポイントの価値は5円相当のため、nanacoチャージ時の還元率は0.25%だ。ただし、通常のショッピング利用分のポイント付与率に変更はない。 また、2015年3月1日(日)より、ポイントの交換単位が変更となる。現在は500ポイント単位での交換だが、300ポイント単位での交換に変更される。交換レートはそのままだ。なお、公式サイトには2015年2月5日(木)時点ではアナウンスがないが、会員には2015年2月12日(木)頃までに変更の案内が郵送されるとのことだ。 ライフカードのnanacoチャージ改悪に続き、漢方スタイルクラブカードも改悪。還元率が高く、nanac ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top