You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 (Page 94)

新幹線でおトクに首都圏から関西に旅行に行こう! エクスプレス予約やe特急券よりもチケットを安く買う方法とは?

今年も夏休みが近くなり、どこに旅行に行くか考え中の人も多いのではないだろうか? 以前、「フリープランでも、パック旅行でもおトクにポイントを貯める方法とは?」において、おトクな方法を紹介した。 関西に行く際には東海道新幹線を使うため、エクスプレス予約がおトクと考えている人も多いのではないだろうか? そこで今回はエクスプレス予約がなくてもおトクに関西に旅行に行く際の切符の買い方があるので紹介する。 エクスプレス予約とは… JR東海、JR西日本が行っている東海道・山陽新幹線をスムーズ&スピーディに利用できる会員制のネット予約サービスである。年会費が1,000円(税抜)かかるものの一般の切符よりもおトクな金額で東海道新幹線に乗車でき、チケットレスで乗車できたり、予約変更が無料であったり、払戻手数料も安くなっている。 例えば、東京から新大阪の通常の片道の指定席料金は14,450円なのに対し、エクスプレス予約(EX-IC ...

Read more

ヒルトンの上級会員、ゴールドVIPの特典は本当におトク? 部屋のアップグレード、朝食付き等の特典を実体験レポート

先日、ヒルトンHオナーズのゴールドVIP会員資格が自動的に付帯する「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)」を申込み、実際にヒルトン東京ベイに宿泊してきたので、ゴールドVIP会員の特典を紹介したい。 ヒルトン東京ベイの予約 部屋の予約は、ゴールドVIPのアップグレード特典を確認するため、ヒルトンの公式サイトから予約することにした。 予約する部屋は、アップグレードを確認するために、一般的な部屋を予約する。また、ゴールドVIPの場合は、朝食が無料で利用できるため、今回は朝食なしプランで予約した。 宿泊内容を確認すると、1泊当りの料金が38,000円、サービス料が3,800円、税金が3,344円の合計45,144円となっている。 さらに、追加料金としてセルフパーキングが1泊3,100円のため、48,244円となる。 ゴールドVIP会員は前日にチェックインが可能 ゴールドVIP会員の場合、前日に事前チェッ ...

Read more

ザ・クラスで利用できる東京ディズニーランドのスターツアーズ内のラウンジとは?

JCBの最高峰カード「ザ・クラス」には、ディズニーリゾート内でおトクな特典が用意されている。先日は、東京ディズニーシーのアトラクション「ストームライダー」のラウンジを紹介したが、今回は東京ディズニーランド内のアトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のアトラクションを紹介したい。 ラウンジ招待券の取得方法や、東京ディズニーリゾート内のラウンジに関しては、「JCBザ・クラス保有者向けの、東京ディズニーシーにあるストームライダー内アトラクションのラウンジとは?」を確認して欲しい。 ラウンジ招待券の利用方法は? ラウンジ招待券を取得していれば、当日はスターツアーズに行き、スタッフにラウンジ利用を告げると、アトラクション横にあるインターホンの場所まで案内してもらえる。写真右側のインターホンを押し、予約時間と名前を伝えると、スタッフが迎えに来てくれる。 秘密の通路からエレベーターに乗り3階 ...

Read more

「年末調整、確定申告でもポイントを獲得する方法とは?」その2

以前、「年末調整、確定申告でもポイントを獲得する方法とは?」のコラムにおいて、生命保険料、ふるさと納税のカード払いでポイントを獲得しつつ、年末調整や確定申告において所得税の還付額と翌年度の住民税の控除額を多くする方法を紹介した。 生命保険料、ふるさと納税以外にもカードのポイントを獲得しつつ、年末調整や確定申告で所得税の還付額を多くする方法として、国民年金の保険料支払いがある。筆者も社会人1年目の4月から2年目の秋までの間、毎月1か月分ずつ学生時代の国民年金の保険料を追納し(筆者の時代は国民年金の保険料が途中からコンビニでの納付ができ、nanacoが登場する前だったのですべて現金での納付をしていた)、今回紹介する方法で年末調整をした経験がある。 なぜ国民年金なのか? 以前紹介した生命保険料やふるさと納税については支払った金額のすべてが控除されるわけではないからである。生命保険料については所得税は最大で12万円し ...

Read more

【第2回】そのまま使うのはもったいない! 別途登録すればポイントがザクザク、ジャンジャンおトクになる特典を活用しよう!

クレジットカードや電子マネーは、自分で別途登録しなければ利用できないサービスがある。利用できる権利が付いているだけで、実際に利用するには別途登録が必要ということだ。 何回かに分けて、別途登録すればおトクになる電子マネーやクレジットカード、ポイントカードを紹介していきたい。 6.プレミアムバンク for au au利用者かつじぶん銀行の利用者の場合は、じぶん銀行サイトでau IDを登録することで、給与振込み口座に指定することで50 WALLETポイント、月末に50万円以上の残高があれば20 WALLETポイントが貯まる。毎月貯まるため、1年間で840ポイント貯めることが可能だ。 また、プレミアムバンク for auの場合は、他行宛振込手数料やコンビニなどのATM出金手数料が何度でも無料になるサービスも利用することが可能となる。 一度登録すればずっと利用することが可能のため、じぶん銀行利用者で、au利用者は必ず登 ...

Read more

ローソンでPontaカードだけ使うのはもったいない おトクなカードを5パターン紹介します

筆者も良く利用するローソン。ローソンでPontaカードを提示して、現金で支払っている人も良く見かける。コンビニをよく利用するのであれば、コンビニでおトクに買う方法をマスターしておくべきだろう。 今回はローソンで常時3%以上おトクになる方法を5つ紹介したい。 5位:リクルートカード+Pontaカード=3%還元 常時2%の還元率のリクルートカードプラス。もちろんローソンで利用しても2%のリクルートポイントを獲得できる。提示でPontaカードを出せば、1%のPontaポイントも獲得できる。 2015年冬からはリクルートポイントが廃止され、Pontaポイントに統合される。リクルートカードプラス+Pontaカードは貯まるポイントもPontaポイントに統合となるため、ポイントが分散されないという点と保有カードを少なくできる点で、おすすめの組み合わせだ。 4位:ソラチカカード+JCBプレモカード+Pontaカード=1%のマ ...

Read more

【第1回】そのまま使うのはもったいない! 別途登録すればポイントがザクザク、ジャンジャンおトクになる特典を活用しよう!

クレジットカードや電子マネーは、自分で別途登録しなければ利用できないサービスがある。利用できる権利が付いているだけで、実際に利用するには別途登録が必要ということだ。 何回かに分けて、別途登録すればおトクになる電子マネーやクレジットカード、ポイントカードを紹介していきたい。 1.Suicaポイントクラブ Suicaポイントクラブに登録し、Suicaの番号を登録することで、Suicaポイントクラブ加盟店でSuicaを利用すると0.5%?1.0%程度のSuicaポイントを貯めることができる。貯まったポイントは10 Suicaポイントを10円分としてSuicaにチャージ可能だ。 登録しなければ、NEWDAYSやコナカなどのSuicaポイント加盟店でSuica決済してもポイントは貯めることができない。 2.ToKoPo PASMOとToKoPoを紐づけることで、ToKoPoのポイントを貯めることができる。貯まるポイント ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top