You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 (Page 93)

REX CARD、2015年12月より還元率が1.5%に改悪 REX CARD Liteは変更なし

「還元率の高いカードを紹介して欲しい」という取材を受ける場合に紹介するカードは「リクルートカードプラス」「リーダーズカード」「漢方スタイルクラブカード」「REX CARD」「エクストリームカード」を紹介することが多い。 全て通常利用でも1.5%以上の還元率のあるカードとなり、メインカードとして使っていれば、一般的な0.5%還元のクレジットカードの3倍おトクなカードとなっている。 還元率を見ていくと、リクルートカードプラスが2%、リーダーズカードがAmazon限定デポジットに交換すると1.8%(それ以外では1.5%)。漢方スタイルクラブカードとREX CARDが1.75%、エクストリームカードが1.5%だ。 このREX CARDの還元率が2015年12月以降改悪となる。現時点では月間利用額2,000円(税込)につき35 REX POINTが貯まっていたが、2015年12月以降は月間利用額2,000円(税込)につ ...

Read more

【入門編】ANAマイルを効率よく貯めるために抑えておきたいポイントとは?

筆者は「JALとANA、どちらのマイルを貯めるのが良いか?」という質問をたびたび受ける。人それぞれのライフスタイルや生活様式とも結びつく事なので、一言で最適の答えを返すのは難しいが、筆者の経験から言うと、ANAマイルの方が貯めやすいと感じている。 またANAはスターアライアンスに加盟しており、その他にもマイレージパートナーが多いので、比較的特典航空券が取りやすい。 今回は「ANAマイルを効率よく貯めるに抑えておくポイントは?」と言う点に焦点を当ててコラムを書いてみたい。 ANAのマイルを貯めるのであればソラチカカードは必須 筆者の経験から確実に言えるのは、「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」は必須だ。ソラチカカード会員になれば、通常1,000:600の交換比率であるメトロポイントからANAマイルへの交換比率が、100ポイント=90 ANAマイルと大幅にUPする。ここは大変重要 ...

Read more

法人カード、ビジネスカード、コーポレートカードの違い ビジネスプラチナカードは社員の福利厚生としてステータスの高いカードを保有しよう

法人カードとは? 「法人カード」をご存知だろうか? 会社の経費精算用のクレジットカードで、社員にクレジットカードを渡し、社員がそのカードで支払えば、後日会社に利用した金額を請求する必要がなくなるカードとなっている。 この「法人カード」にはコーポレートカード、ビジネスカードなどがあるが、利用者や使い勝手で異なる場合がある。 例えば、JCBの場合はJCBコーポレートカード、JCBビジネスカード、JCB法人カードがあり、セゾンカードの場合はUCコーポレートカード、UC法人カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなどがある。 基本的には「コーポレートカード」と名前が付いているものは大企業向けとなる。従業員が1,000人以上で数十人から数百人規模でクレジットカードを発行する場合はコーポレートカードとなる。 ビジネスカードや法人カードについては各社で異なる。JCBの場合は、ビジネスカードも大企業 ...

Read more

ファミリーマート、ソフトバンク利用者限定でTポイント3倍になるサービスを開始 カードの日は最大5%還元も

ソフトバンクとファミリーマート、Tポイント・ジャパンは、2015年8月4日(火)より、ソフトバンク携帯電話を利用している方限定で、ファミリーマート店舗でTカードを提示して買い物をすると、基本ポイントが3倍になるサービスを開始すると発表した。 ソフトバンク契約回線はiPhone、SoftBank、スマートフォン、SoftBank 3Gケータイとなり、iPadなどの契約ではポイント3倍にはならないので注意が必要だ。対象の回線を利用している場合は、ソフトバンク取扱店やMy SoftBankでTカード番号の事前登録が必要となる。 ファミリーマートでは2014年7月5日(土)より、ファミランクが開始となっており、月間利用額に応じて貯まるポイントが異なるが、基本ポイントのみが3倍となるため、ソフトバンクを利用しているゴールド会員の場合は200円につき5 Tポイント、シルバー会員は200円につき4 Tポイントとなる。 ラン ...

Read more

クレジットカードがなくても大丈夫! メルマガ、アプリで特典をGetしよう!

クレジットカードを持っていると割引特典や優待特典を受けることができる。しかし、特典を受けるにはその分カードを持たないといけなく、財布やかばんがカードでパンパンで分厚く、重くなることもあるのではないだろうか? また、カードは持ちたくないけれども、特典は受けたいという人もいるのではないだろうか? そこで今回はカードがなくても大丈夫! メルマガ、アプリで特典をGetできる店舗を紹介する。 1.ロフト ロフトではロフトカードがある。ロフトカードの特典としては、毎月最後の金・土・日の3日間において1回の買い物が1,000円(税抜)以上でありかつロフトカードで決済の場合、店頭商品が10%OFFとなる。 しかし、このロフトカードを持っていなくても、ロフトのアプリユーザーであれば、カード会員同じように、1回の買い物が1,000円(税抜)以上した時には店頭商品が10%OFFの優待を受けることができる。 アプリユーザー向けの割引 ...

Read more

【第3回】そのまま使うのはもったいない! 別途登録すればポイントがザクザク、ジャンジャンおトクになる特典を活用しよう!

クレジットカードや電子マネーは、自分で別途登録しなければ利用できないサービスがある。利用できる権利が付いているだけで、実際に利用するには別途登録が必要ということだ。 何回かに分けて、別途登録すればおトクになる電子マネーやクレジットカード、ポイントカードを紹介していきたい。 11.セゾンカード+nanaco 対象のセゾンカードにnanacoカードを登録しておくと、セブン-イレブン、イトーヨーカドーでセゾンカード決済した時に、永久不滅ポイントに加えて、nanacoポイントも同時に貯まるサービスだ。 例えば、2,000円をnanacoカード登録済みのセゾンカードで支払うと、2永久不滅ポイントに加え、20 nanacoポイントが貯まる。 nanacoとセゾンカードを紐付けなければ、セゾンカード決済しても、nanacoポイントは貯まらずにセゾンカードの永久不滅ポイントだけとなる。なお、nanacoのボーナスポイント対象 ...

Read more

ザ・クラスで利用できる東京ディズニーランドのマップにも載っていないお酒も飲める秘密のレストランとは?

JCBのプラチナカード「ザ・クラス」を保有していると、毎年メンバーズセレクションという2万円相当のカタログギフトが送られてくる。年会費が5万円(税抜)のため、2万円のカタログギフトとなると、それだけでも実質の年会費は3万円程度と考えることもできるのだ。このメンバーズセレクションには、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーらしい商品が用意されている。 例えば、「東京ディズニーリゾート パスポート(4枚組)」。通常6,900円のパークチケットのため、4人分で27,600円分と交換できると考えると、おトク感があるだろう。 また、「東京ディズニーランド ペアランチ お食事券とパスポート(2枚組)セット」と言うのもある。こちらは、東京ディズニーランド内の指定レストランのペアランチと、パークチケットが2枚付いている。この料理は1人6,000円(税抜)のため、金額としては26,760円となる。 パスポート(4枚組) ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top