You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 (Page 91)

お店に行く前にクリックするだけで獲得ポイントが20倍になることも エントリーしなければポイント倍増の対象にならないサービスが増加中

ネットでアクションを起こす場合はポイントモールが必須 オンラインショッピング時にはクレジット会社等が提供している「ポイントモール」を経由する方法も知れ渡ってきたのではないだろうか。例えば、楽天市場で購入する前に、ANAマイレージモールを経由し、楽天市場のバナーをクリック。後は通常通り買物をするだけだ。ANAマイレージモールを経由した分だけおトクになる。 リアル店舗でもポイントモールを活用しよう この機能をネットショップ以外でも提供しているのが三井住友カードだ。三井住友カードが提供する「ポイントUPモール」にアクセスると、「ネットショッピング」「お店でショッピング」と2つのタブがある。「ネットショッピング」が先ほど説明した内容となる。一方「お店でショッピング」は、リアル店舗でのポイントモールとなる。 リアルのポイントモールの使い方は、まず「お店でショッピング」にあるリストの中から該当の施設を選択し「ココ行こ♪」 ...

Read more

SPGアメックスの6つのデメリットとは? SPGアメックスはゴールドカード以上、プラチナカード未満?

先日、SPGアメックス継続時の無料宿泊特典を利用してきた(「SPGアメックスのクレジット継続時の無料宿泊特典を利用してみた 無料宿泊特典でもSPGゴールドは威力を発揮する?」参照)。SPGアメックス保有のSPGゴールド特典も利用できるため非常に快適な宿泊となった。 様々なメディアでもSPGアメックスのメリットは書かれており、当コラムでもSPGアメックスのメリットを書いてきた。しかし、SPGアメックスはメリットもあるが、当然デメリットも有る。今回はデメリットを6つ紹介したい。 1.宿泊時には最低でも食費が必要 無料宿泊特典でスターウッド系列のホテルを利用したとしても、食費だけは必要になるだろう。SPG会員向けの対象レストラン15%OFFを利用したとしても、家族分を支払うと夕食だけでも数万円となる場合もある。また、ホテルでの朝食は3,000円程度と考えても、2人で宿泊すると6,000円程度必要となる。 SPGアメ ...

Read more

還元率2.0%の「リクルートカードプラス」、還元率1.2%の「リクルートカード」の最強の使い方

2013年5月に募集を開始した「リクルートカードプラス」と「リクルートカード」。年会費2,000円+税で還元率が2.0%の「リクルートカードプラス」、年会費無料で還元率が1.2%の「リクルートカード」。非常におトクなカードだが、筆者は今まであまり紹介してこなかった。しかし、2014年4月に「リクルートカードプラス」「リクルートカード」で貯まるポイントが、2015年春にリクルートポイントからPontaポイントに切り替わるとの発表後、一気にメインカードの候補として紹介するようになった。 なぜ、リクルートポイントでは紹介できなかったのか。クレジットカード選びでは、ポイント還元率も重要だが、一番重要なのはポイントの使い道だ(「「貯まりやすいポイント」よりも重要な事は「○○なポイント」」参照)。どんなにポイント還元率が高くても、ポイントを使えなければ意味が無い。その点、リクルートポイントは使い道が、「じゃらんnet」「 ...

Read more

SPGアメックスのクレジット継続時の無料宿泊特典を利用してみた 無料宿泊特典でもSPGゴールドは威力を発揮する?

筆者も保有している「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」(以下、「SPGアメックス」)だが、年会費は31,000円+税と非常に高額だ。 実際に「SPGアメックス」を利用した時の、SPGゴールド特典については「SPGアメックス保有者サービスの「ゴールド会員資格」 本当に部屋をアップグレードしてくれる?」を参照してほしい。今回は「SPGアメックス」継続時の無料宿泊特典を利用したので、そのレポートをしたい。 無料宿泊特典取得からホテル予約まで 「SPGアメックス」は、クレジットカードの継続時(年会費を支払った時)に1泊分の無料宿泊がプレゼントされる。筆者も「SPGアメックス」を保有して1年が経ったため、そろそろ無料宿泊の案内が来る頃だろうと思っていたが、年会費の支払いがあってから約2ヶ月後にメールが届いた。 SPGのサイトにログインし、「KIKUCHI様」の表示をクリック。「★スタ ...

Read more

東京でアイススケートを楽しむためのクレジットカード3選

ニューヨークのロックフェラーセンター。冬季限定でアイススケートリンクがオープンする。 最近では、東京でも同じようなアイススケートリンクが設置されている。それぞれ、クレジットカード保有者には割引特典や滑走料金が無料になる特典などが用意されているため、今回は東京でアイススケートを楽しむためのおトクなクレジットカードを紹介したい。 東京ミッドタウン:ダイナースクラブカード 東京ミッドタウンの芝生公園に冬季限定で登場するアイススケートリンク。ダイナースクラブが特別協賛してから5周年となる。2015年1月7日(水)から2015年3月8日(日)まで滑走が可能だ。滑走時間は11:00から22:00(最終受付21:00)と仕事帰りでも滑走できるだろう。 料金は大人(高校生以上)1,500円、小人(中学生以下)1,000円となっており、貸靴料は料金に含まれている。おトクな回数券も販売されているが、ダイナースクラブが協賛している ...

Read more

JALカードよりおトク? JAL国内線の特典航空券狙いに最適なクレジットカードは?

クレジットカードのポイントを有効活用する方法として、航空会社のマイレージに変換して特典航空券を狙うという方法が有名だ。用途こそ限られるものの、使い方によっては1ポイントを5円以上の価値で使うことができる大変おトクな利用方法だ。今回はJAL国内線特典航空券を、JALカードを使うよりおトクに発券する方法を紹介する。 1.狙い目はブリティッシュ・エアウェイズ/Executive Club JAL国内線の特典航空券を狙う場合、以前の記事でも紹介した通り、JALマイレージバンクのマイルを貯めるより、ブリティッシュ・エアウェイズ/Executive Clubのマイルを貯める方が有利な場合も多い。敢えてJALマイレージバンクではなく、ブリティッシュ・エアウェイズ/Executive Clubを利用するメリットとデメリットを挙げてみた。 <メリット> 区間マイル数が650マイルまでの区間であれば、往復9,000マイルと少ない ...

Read more

クレジットカードの”特約店”を使いこなすと提携カードよりもおトクなカードが存在する

クレジットカードには特約店がある事も多い。通常のクレジットカードのポイントとは別に、提携店で利用した場合にはポイントが○倍になると言う店舗だ。例えば、「ANAカード」や「JALカード」の場合、ENEOSで給油し、それぞれのカードで決済すると、通常のクレジットカードのポイントとは別にマイルが100円につき1マイル獲得できるというものだ(JALカードの場合はショッピングマイル・プレミアム加入時)。また、「楽天カード」でも、ENEOSで利用した場合、通常のポイントの倍の楽天スーパーポイントを獲得できる。 ANAカードマイルプラス(ANAカード) マイルが2倍たまる特約店(JALカード) ポイント加盟店サービス(楽天カード) クレジットカードの特約店を使うことで、ENEOSが発行している「ENEOSカード」よりもおトクになる場合もあるのだ。 JCBのプロパーカード「JCB ORIGINAL SERIES」にも提携店が ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top