You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 (Page 91)

北陸新幹線開業 東京-金沢間の旅行でのポイント・マイル獲得方法 その1

2015年3月14日(土)に北陸新幹線が開業した。これを機に北陸地方への旅行を計画する方も多いだろう。今回は東京-金沢間の旅行でポイント・マイルがどのように貯められるのかをまとめた。多数のキャンペーンが開催されているため、4月中旬までに旅行する場合は特に有効活用してほしい。 びゅう国内旅行商品の利用 ビューカードで宿と交通のセットである「びゅう国内旅行商品」を購入すると、通常1,000円につき2ポイント貯まるビューサンクスポイントだが、3倍の1,000円につき6ポイントとなる。 また、2015年4月24日(金)宿泊までの場合、ビューカード会員限定で、抽選で100名にビューサンクスポイント800ポイントが当たるキャンペーンプランも設定されている(「北陸新幹線開業記念 ビューカードで北陸へ行こう!キャンペーン」参照)。 えきねっとの利用 ビューカード会員の場合、新幹線のチケット購入でビューサンクスポイントが通常の ...

Read more

「プラチナカード」「ブラックカード」を保有するメリット・デメリットとは? 保有すべき人ってどんな人?

プラチナカードのインビテーションが届いて、年会費が数万円アップするメリットって何だろう? と感じる方も多いだろう。今回はプレミアムカードを持つべき人はどんな人か、保有するメリット・デメリットについて書きたい。 まず、通常のクレジットカードのステータスは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとなっており、どんどん年会費がアップし、保有者も減っていく。プラチナカードの場合は全体の3%程度、ブラックカードの場合は1%未満となるだろう。 当然、ブラックカードなどを持っていると、「おっ」っと思われるかもしれない。ただし、見る人が見ればわかるだけであり、カードフェイスだけで一目置かれることはない。 また、ショッピング枠も増える。プラチナカードの場合は初期設定で300?500万円程度にはなっているだろう。ただし、一般カードでも数年間保有すればショッピング枠も100万円以上になる。また、コールセンターに ...

Read more

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを徹底比較 大きな違いとは?

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードのプラチナカードとして紹介されているのは、ほとんどのサイトで「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」となっている。しかし、実際は「ビジネス」が付かない「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」も存在する。 今回は、これらのカードの違いについて説明したい。 「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の違いは、「ビジネス」が付くかどうかの違いだ。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、「ビジネス」とあるため、個人事業主や法人の代表者が申込可能となっている。また、「家族カード」については、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は「追加カード」というように、社員でも申し込むことができる。 ただし、「ビジネス」向けとなっている ...

Read more

海外に行かない人のための「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」 国内での利用だけでもおトク度満載

筆者は、いわゆるプラチナ系カードを3枚持っている。「ダイナースクラブ プレミアムカード」、「三井住友プラチナカード」、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」だ。この中で使用するのはもっぱら「ダイナースクラブ プレミアムカード」 ─ ポイントのためだ。 「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」は海外では強いと言われており、確かに筆者も2年ほど前までは海外出張もあり、そう思っていた。しかし、昨年は結局海外へは一度も行かず、海外旅行・出張での恩恵は受けられなかった。そんな「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の国内でも感じられるすばらしさとは以下の4つのサービスだ。 フリーステイギフト 1年に1度、国内の対象ホテルで宿泊できる無料宿泊券が送られてくる。場所や時間の制約は大きいが、夫婦+子供1名で利用できるため、ちょっとしたご褒美旅行に使っている。 宿泊可能な施設はハイアット リージェンシー 京 ...

Read more

新大学生、新社会人向け ポイントやマイレージを大きく貯められる2月?4月を見逃すな!

春は卒業、入学・入社、転勤などと人生が大きく変わる季節だ。この季節はポイント・マイルの獲得数が大きく変わるタイミングでもある。今回は、以下の設定をし、新社会人となるA君とBさん、C君でどれだけ獲得ポイント数が変わるのかを検証したい。 A君とBさん、C君は札幌から東京で1人暮らしを始めることになった。3人とも利便性を考えて吉祥寺で1Rマンション(家賃8万円)を借り、品川まで通勤する。 A君とBさんはすべてをクレジットカードで支払いポイントを獲得し、C君はポイントのことは全く考えずに行動したとする。 A君は、通勤でJR東日本を利用し、帰省する時は飛行機を使うため、ANA VISA Suicaカードをメインカードとして選んだ。Bさんは、コンビニやスーパーマーケット(イトーヨーカドー)をよく利用するため、リクルートカードプラスを選択。一方、C君はすべて現金または銀行引き落としでの支払いにした。 賃貸住宅 転勤や社会人 ...

Read more

ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」を貯めてANAのファーストクラスに搭乗!

筆者がユナイテッドのマイルを貯めるのに使っているカードは2枚。メインカードは年会費13万円(税抜)の「ダイナース プレミアムカード」、サブカードとして年会費15,000円(税抜)の「MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa」だ。 リボ払いで3%マイル還元! いずれもリボ払い登録して、「ダイナースクラブ プレミアムカード」は100円で3マイル、「MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa」は国内100円で2マイル、海外100円で3マイル獲得できる。リボ払いと言っても、1回の支払額の最低額を高く設定しておいて1回で払うことにする。筆者の場合、「ダイナースクラブ プレミアムカード」は50万円、「MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa」は5万円に設定している。 そうすると、例えば「ダイナースクラブ プレミアムカード」の場合、50 ...

Read more

ようやくゲット! 電子マネーにも強い「リクルートカードプラス(JCB)」と「リクルートカード(VISA)」の2枚持ちがおすすめ

「ライフカード」や「漢方スタイルクラブカード」のnanacoチャージ改悪、「SoftBankカード」が新規募集を終了したことで、自身の電子マネーチャージのクレジットカードの乗り換えを検討することにした。 現時点の筆者の電子マネーチャージ用クレジットカードは以下の様になっている。 年会費(税抜) 還元率 nanaco 楽天Edy Suica 漢方スタイルクラブカード 初年度無料、1,500円 1.75%〜2.0% ○ × × SoftBankカード 無料 1.0%(0.97%) ○ ○ × 「ビックカメラSuicaカード」 初年度無料、 477円(年1回の利用で無料) 1.0%〜1.5% × × ○ 「SoftBankカード」はそのままでも良いが、全体的に見直して最適なチャージ用クレジットカードを選ぶことにする。 nanacoチャージで還元率が良いカードは年会費2,000円(税抜)の「リクルートカードプラス」だ ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top