You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 (Page 107)

最大還元率1.8%の「三井住友プラチナカード」は年会費に5,000円追加すると○○カードも手に入る

今回取り上げるカードは、三井住友プラチナカードだ。筆者が保有している「ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード」と「三井住友プラチナカード」ではサービスが異なる。 基本サービスとしては一般的なプラチナカードの内容となっている。コンシェルジュサービス、ホテルや旅行の割引、2名以上の予約で1名分のコース料理が無料となるレストランの利用など。 三井住友プラチナカードの特徴は、インビテーションなしでも申し込める事だ。そのため、三井住友VISAゴールドカードからステップアップなどという事はしなくても良い。 基本的な審査は、インビテーションが送られた場合と同じとなる。 三井住友プラチナカードのポイントプログラムとは 三井住友プラチナカードのポイントプログラムは「ワールドプレゼント」となる。月間利用金額1,000円につき1ポイント獲得でき、1,000ポイントをVJCギフト券5,000円分に交換できる ...

Read more

実はゴールドカード以上? 無料の高付加価値カードも狙い目!

クレジットカードの価値はポイント還元率と付帯サービスで決まると言っても過言ではない。付帯サービスの充実した高付加価値のカードというとゴールド・プラチナカードクラスを想像するかもしれない。しかし年会費無料の一般カードにも付帯サービスが充実したカードが沢山ある。今回はその一部を紹介しよう。 1.ベネッセ・イオンカード イオンカード発行で年会費は永年無料の「ベネッセ・イオンカード」。このカードが他のイオンカードと比べて優れている点として、クラブオフが無料で付帯することが挙げられる。クラブオフとはリラックス・コミュニケーションズが運営する、ホテルの優待やテーマパークの入場料の割引などがパッケージになったサービスであり、企業や官公庁などの福利厚生のアウトソーシングを請け負っている。 個人でも会員になることができ、プロバイダーや保険に付帯していることもある。このカードにもクラブオフが付帯しており、会員登録することで様々な ...

Read more

三井住友カード発行の一般カード、ゴールドカードの年会費を下げる方法 ANAカード等の提携カードでも利用可能

三井住友カード発行のクレジットカードは、同社のサービスを利用することでクレジットカードの年会費を下げることができる。プロパーカードだけでなく、ANA VISA SuicaカードやAmazon MasterCardゴールドなどの提携カードでも利用できる方法もあるため、確実に年会費割引を利用しておくことをおすすめする。方法は3つある。 1.カード利用代金のWeb明細書サービス登録 一番簡単な方法は、郵送の明細を停止し、Web明細に登録することだ。三井住友プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカード会員の場合は、1,000円(税抜)割引となり、それ以外は500円(税抜)の割引となる。提携カードも基本は同じになるが、ANA VISAプラチナ プレミアムカードの場合は年会費割引はない。 適応条件は、本会員の年会費のみ。また、年に6回以上請求がなければ割引の対象とならないため注意が必要だ。 Web明細への切替方 ...

Read more

クレジットカード券面に黒いカードが増えている理由とは?

最近、財布を見ていて思ったことだが、黒い券面のカードが増えていると感じる。筆者は現時点で35枚クレジットカードを保有しているが、ここ1年間で作ったカードは半数以上が黒だ。なぜ、黒いカードが増えているのだろうか? まず、クレジットカードのステータスを見ると、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとなる。カード券面の色は、一般カードは様々、ゴールドカードは金色、プラチナカードは銀色か黒、ブラックカードはその名の通り黒となる。最近は「ブラックカード」という言葉も浸透してきており、「ハイステータスカード=黒」という認識も定着してきているのだろう。 カード会社が黒いカードを多く発行するのは簡単にステータス感を出せるためだろう。今年、一般カードの券面を変更した時に黒色を用意した会社に確認した所、「利用者が出しやすいと言う意見が多かったのが黒色だった」と回答した。カード券面で店員の態度が変わるなんてこと ...

Read more

Rポイントカード開始、Rポイントカード誕生での「楽天スーパーポイント」の使い方

2014年10月1日(水)、楽天の共通ポイントサービス「Rポイントカード」が開始した。筆者もRポイントカードの記者会見に行ってきたが、事業部の話はなく、具体的な楽天スーパーポイントの使い道などのアナウンスはなかった。 そこで、筆者が考えるRポイントカード誕生による「楽天スーパーポイント活用法」を紹介したい。 期間限定ポイント、他社からの交換ポイントはRポイントカードで消費せよ! 楽天市場の買い回り等で貯まる期限のある楽天スーパーポイントがある。10月中旬頃に付与され、10月末までに利用して下さい、と言うアレだ。期間限定ポイントが数百ポイントや数千ポイントあれば、何らかの商品を買おうと思うが、数十ポイントであれば、無理やり消費せずにそのまま期間がすぎるのを待つと言う人もいるだろう。ただし、楽天は期間終了の数日前に期限切れで失効すると言うリマインダーを送ってきて、焦ってポイントを使わせようとしてくる。 そんな期間 ...

Read more

魅惑の外資系マイレージ! ?番外編?

前回の記事では、日本在住でも比較的扱いやすい2社について解説した。しかし、世界にはまだまだ沢山の航空会社がある。今回は日本人には馴染みが無いながらも、実はお得な特典の多いマイレージプログラムについて解説しよう。 1.デルタ航空 ?スカイチームならここ!マイルは他社で使うのが吉? この会社は聞いたことがあるだろう。アメリカの航空会社でスカイチーム所属。日本国内では成田をハブとして各地に国際路線を展開している。国内でも提携クレジットカードが多数あり、また「ニッポン500マイル」という、国内線の搭乗に応じてマイルを積算してくれるキャンペーンを展開している。マイルの期限は無期限であり、スカイチームでマイルを貯めるならばデルタ航空一択と言っても過言ではないだろう。 ただし、デルタ航空のマイルを使ってデルタ航空便を発券しようとすると、かなり多くのマイル数を要求される。マイルはスカイチーム他社で使った方が無難だろう。ちなみ ...

Read more

ANAのマイルを効率よく貯める年会費無料のクレジットカードとは?

前回は、「ANAカード」の年会費を抑えて、年会費2,000円+税で効率よくマイルを貯める方法を紹介した(「年会費2,000円でANAのマイルを効率良く貯める方法とは? ANAカードはサブカードとして利用がおすすめ」参照)。今回は、年会費が完全に無料でANAのマイルを効率良く貯めるクレジットカードは何かを考えていきたい。 「ANAカード」で年会費無料は2枚のみ いわゆる「ANAカード」で年会費無料のカードは、「ANAカード<学生用>」「ANA JCBカードZERO」の2枚だ。 「ANAカード<学生用>」は在学期間中のみ年会費が無料、それ以降は通常のANAカードの年会費と同じとなる。貯まるポイントは、「ANA JCBカード<学生用>」の場合、月額利用金額1,000円につきOki Dokiポイントが1ポイント貯まり、「ANA VISA(マスター)カード<学生用>」の場 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top