You Are Here: Home » クレジットカード (Page 200)

高還元で高付加価値! 隠れた良カードを探せ!

前回の記事では年会費が(条件付きでも)無料でありながら、高付加価値のクレジットカードについて説明した。しかしクレジットカードの価値は年会費も含めたポイント還元率と付帯サービスによって決まる。「無料」「高還元」「高付加価値」この3点セットを享受できるカードはそうそうない。今回は年会費が(比較的緩い条件で)無料となり、かつ付帯サービスが充実したカードの一部を紹介したいと思う。 1.リクルートカード VISAとJCBの2ブランドがあり、それぞれMUFGカード、JCBがリクルートホールディングスと提携して発行している「リクルートカード」。年会費は永年無料でポイント還元率は1.2%と大変優れたスペックに仕上がっているカードだが、このカードには最高200万円まで(1事故あたり免責3,000円)のショッピング保険が付帯するのだ。この保障内容は他のゴールドガードと比べても全く遜色の無い内容だと思う。国内・海外旅行保険も付帯す ...

Read more

シティカード、ポイント交換に必要なポイント数を変更

シティカードのポイントプログラム「シティ リワードプログラム」のポイント交換商品が2014年12月1日(月)からリニューアルされる。それに伴い、一部賞品の必要交換ポイント数が変更となる。 賞品名 必要ポイント数 2014年11月30日まで 2014年12月1日以降 ウェブマネー(2,000円分) 5,000p 6,000p ユナイテッド・シネマ、109シネマズ共通ペア映画鑑賞券 9,500p 12,000p JTB/旅行券(5,000円分) 13,000p 17,000p 出光/キャッシュプリカ(5,000円分) アップル/iTunesカード(5,000円分) ブルーノート/ギフトカード(5,000円分) スターバックス カード(5,000円分) JAL旅行券(5,000円分) びゅう商品券(5,000円分) H.I.S.商品券"SKY"(5,000円分) ダイナース JCBギフトカード(5,000円分) ダ ...

Read more

シティバンク銀行個人金融部門とシティカードジャパンが売却の対象に

米シティグループは、2014年10月14日(火)に、米国において開示された2014年第3四半期の決算発表内で、日本のシティバンク銀行個人金融部門とシティカードジャパンを売却の対象としたと発表した。 現時点では、シティカードジャパンの会員、法人会員の商品、サービスについて変更はない。ポイントプログラムやラウンジへのアクセスなどのサービスや特典は変更されず、コールセンター、ウェブサイト等の窓口は通常通りの営業となる。 [【重要なお知らせ】米シティグループからの発表について] ...

Read more

第一興商、丸井グループのエポスカードと協業「ビックエコーエポスカード」を発行

カラオケスタジオ運営大手の「ビックエコー」ブランドを展開する第一興商と丸井グループのクレジットカード事業会社「エポスカード」は、2014年10月27日(月)より、「ビックエコーエポスカード」の発行を開始すると発表した。 ビックエコーとエポスカードは2012年2月からカード会員優待施設として提携を開始している。今回のコラボレーションカードの取り組みにより、さらに利便性の恒常を増加する。「ビックエコーエポスカード」の提示でルーム料金30%割引に加え、カードでの精算でエポスポイントが通常の5倍付与される。また、対象店舗利用時に新規入会した場合、当日の会計から1,000円の割引が行われる。 カード名 ビックエコーエポスカード カードデザイン ? 年会費 初年度 無料 2年目以降 無料 ポイント エポスポイント ポイント付与条件 マルイでの利用 ショッピング200円ごとに2ポイント(1回払い) ビックエコーでの利用 シ ...

Read more

LIXIL、リフォーム完了時にその場で決済できる「LIXILリフォームカード決済サービス」を提供開始

LIXILは、クレディセゾン、コイニーと提携し、リフォーム後に、モバイル端末を使ったカード決済サービス「LIXILリフォームカード決済サービス」を、約400店のフランチャイズチェーンで構成する「LIXILリフォームチェーン」加盟店で、2014年10月1日(水)から開始した。 「LIXILリフォームカード決済サービス」では、現金、銀行振込、ローンでの支払いが一般的なリフォーム市場に、コイニーが提供するスマートフォン決済サービス「Coiney」を導入し、リフォーム完了時にその場でクレジットカード決済が可能となる。1回の決済はカード限度額内であれば、350万円(税込)までの支払いが可能だ。 今回の提携では、クレディセゾン・UCカード会員がLIXILリフォームチェーンでカード決済すると「永久不滅ポイント」が通常の2倍(1,000円毎に2ポイント)となる優遇サービスも開始する。 ...

Read more

最大還元率1.8%の「三井住友プラチナカード」は年会費に5,000円追加すると○○カードも手に入る

今回取り上げるカードは、三井住友プラチナカードだ。筆者が保有している「ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード」と「三井住友プラチナカード」ではサービスが異なる。 基本サービスとしては一般的なプラチナカードの内容となっている。コンシェルジュサービス、ホテルや旅行の割引、2名以上の予約で1名分のコース料理が無料となるレストランの利用など。 三井住友プラチナカードの特徴は、インビテーションなしでも申し込める事だ。そのため、三井住友VISAゴールドカードからステップアップなどという事はしなくても良い。 基本的な審査は、インビテーションが送られた場合と同じとなる。 三井住友プラチナカードのポイントプログラムとは 三井住友プラチナカードのポイントプログラムは「ワールドプレゼント」となる。月間利用金額1,000円につき1ポイント獲得でき、1,000ポイントをVJCギフト券5,000円分に交換できる ...

Read more

シティ リワードポイント、ダイナースクラブ リワードポイント間のポイント移行サービスを終了

シティカードの利用で貯まる「シティ リワードポイント」と、ダイナースクラブカードの利用で貯まる「ダイナースクラブ リワードポイント」の相互ポイント交換サービス「ポイントコンバージョン」が2014年11月30日(日)で終了する。 「ポイントコンバージョン」は1 シティ リワードポイントが1 ダイナースクラブ リワードポイント、1 ダイナースクラブ リワードポイントが1 シティ リワードポイントとして交換できるサービスだ。ただし、ポイント交換のみはできず、商品に交換する際に合算できるというサービスだ。また、ダイナースグローバルマイレージやフリークエントステイヤープログラムには利用できないと言う条件もあった。 [「ポイントコンバージョン」サービス終了について] ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top