プリペイド

パスネット、使用終了を2015年3月末で終了

パスネット協議会は、2000年10月に発売を開始した共通乗車カード「パスネット」を2015年3月31日(火)終電をもって全ての機器での使用を終了すると発表した。

パスネットは、2007年3月にサービスを開始した IC カード乗車券「PASMO」の普及に伴い、2008年1月には発売を終了し、同年3月の自動改札機における使用終了に合わせ、残額を全額無手数料による払い戻し、または「PASMO」への移し替えを開始。その後は、自動券売機でのきっぷ購入や自動精算機でののりこし精算等での使用を可能としていた。

パスネット残額の払い戻しは2008年3月15日より実施しているが、2018年1月31日(水)を持って終了となる。なお、払い戻し手数料は無料だ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-プリペイド
-,

© 2024 ポイ探ニュース