auじぶん銀行の「じぶんプラス」が予定通り「プレミアム」に! レギュラー⇒プレミアムへの道

コラム 共通ポイント

auじぶん銀行の「じぶんプラス」が予定通り「プレミアム」に! レギュラー⇒プレミアムへの道

auじぶん銀行の「じぶんプラス」のステージをアップするように色々と準備を進めていた。前回は、無事に「ゴールド」に到達。

auじぶん銀行のステージがゴールドに 着実にランクアップ! 次はプレミアムを目指す!
auじぶん銀行のステージがゴールドに 着実にランクアップ! 次はプレミアムを目指す!

2022年4月以降、auじぶん銀行では「じぶんプラス」をリニューアルしている。前回の記事では、ステージを効率良く上げる方法を紹介した。 今回のステージ更新で「ゴールド」に。ゴールドの条件を確認するとス ...

続きを見る

最初の目標通り「プレミアム」を目指していたが、ようやく「じぶんプラス」で「プレミアム」に到達した。

auじぶんプラスの「プレミアム」に到達すると、ATM出金手数料無料回数が15回、他行宛振込手数料無料回数が15回となり、Pontaポイントの倍率が15倍となる。なお、プレミアムに効率良く到達する方法は、前回の記事などを参考にして欲しい。

じぶんプラスのプレミアム特典

じぶんプラスのプレミアム特典

早速、獲得しているPontaポイントを確認すると「KDDI加盟店 auじぶん銀行 じぶんプラスPontaポイント特典」として20ポイント獲得できている。

auじぶん銀行 じぶんプラスでのPontaポイント

auじぶん銀行 じぶんプラスでのPontaポイント

じぶんプラスでは入金・口座振替などでPontaポイントが貯まるが、20 Pontaポイントとなると、今回のステージ「プレミアム」ではなく、前回の「ゴールド」としてのポイント獲得だろう(プレミアムの場合は15ポイント単位)。おそらく、入金の「定額自動入金サービス」で10ポイント、「口座振替」での10ポイントの20ポイントと思われる。

取引 ゴールド プレミアム
給与・賞与または年金の受取、
定額自動入金サービス
10ポイント 15ポイント
口座振替 10ポイント 15ポイント
au PAY残高へのオートチャージ、
スマホ決済(残高へのチャージ)、
じぶん銀行スマホデビット(1万円ごと)
10ポイント 15ポイント
AI外貨自動積立、外貨自動積立(1,000円ごと) 10ポイント 15ポイント

2022年8月のポイントは、au PAYゴールドカードからau PAYにチャージしているため、「定額自動入金サービス」と「口座振替」の30ポイントに加えて、もう少し多くのPontaポイントを獲得できそうだ。

自動車税をau PAYゴールドカード+au PAY(請求書支払い)で支払った! 2.5%のPontaポイントを獲得できる!
自動車税をau PAYゴールドカード+au PAY(請求書支払い)で支払った! 2.5%のPontaポイントを獲得できる!

毎年5月頃に送られてくるのが自動車税の納付書。2021年の自動車税はau PAY(請求書支払い)で支払ったが、2022年の請求書もau PAY(請求書支払い)で支払う事に。 まず、au PAYゴールド ...

続きを見る

au PAY+auじぶん銀行+auカブコム証券+au PAYカードでのauじぶん銀行普通預金金利0.2%だけでなく、auじぶん銀行の「じぶんプラス」も考えて取引すると、ATMでの入出金、他行宛の振込に加え、Pontaポイントを効率良く貯められる。

auじぶん銀行で金融サービス連携済みの普通預金金利0.20%を確認してみた! 毎月利息を受けとれる!
auじぶん銀行で金融サービス連携済みの普通預金金利0.20%を確認してみた! 毎月利息を受けとれる!

auじぶん銀行では、au PAYカード・auカブコム証券・au PAYを連携することで円普通預金金利が年0.20%となるサービスを開始しており、筆者は既に連携している。 連携 金利 通常 0.001% ...

続きを見る

普通預金金利もアップし、Pontaポイントも獲得できるため、メインバンクとして利用するのもオススメだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース