セゾンポケットでの投資から約2年6ヵ月経過! 世界的な株の下落で含み益はどうなった?

クレジットカード特集 コラム

セゾンポケットでの投資から約2年6ヵ月経過! 世界的な株の下落で含み益はどうなった?

セゾンカードからボーナスポイント付与のメールが届いた。早速、セゾンPortalアプリで確認すると、「セゾンポケットつみたて6回達成によるポイント付与」として56ポイント付与されていた。

セゾンポケットで獲得した永久不滅ポイント

セゾンポケットで獲得した永久不滅ポイント

過去の記事を検索してみたところ、2年6ヵ月経過したようだ。

セゾンポケットで2年間運用! 含み益は一気に42万円超に!
セゾンポケットで2年間運用! 含み益は一気に42万円弱までアップ!

セゾンポケットで2年間投資を行った。これまで6ヵ月毎に運用実績を公表してきたが、前回の総資産は1,083,692円で+216,697円の含み益だった。 それから半年程度経ったため、再度運用実績を確認し ...

続きを見る

最近は株価が大きく下落しているが、2年6ヵ月の運用成績はどうなっているのかを紹介したい。

6ヵ月間の日経平均株価

6ヵ月間の日経平均株価

2022年5月12日(木)時点での総資産は1,778,987円。合計評価損益として+333,397円となっている。

2年経過したときは総資産が1,570,672円で合計評価損益が+418,689円で、含み益は6ヵ月間で85,292円減少している。それでも、まだ約300,000円のプラスであるため、やはりドルコスト平均法での積立投資は比較的安全と言えるだろう。

最初に紹介したとおり、セゾンポケットの場合は、6ヵ月毎に投資残高に対して0.1%分の永久不滅ポイントを獲得できる。今回は56ポイントの獲得だ。正直、積立投資のポイント付与としては低い方だと言えるが、株式積立できるのは魅力的だろう。

楽天証券からSBI証券に投資信託を移管したように、セゾンポケットからSBI証券に移管を考えたが、保有している銘柄は「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)」となり、SBI証券の投信マイレージや出庫手数料のキャッシュバックなどは対象外となるため、そのまま運用することにする。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース