楽天銀行の法人口座を申し込み! SPUの条件になった楽天銀行の「給与振込」「賞与振込」も可能!

コラム 共通ポイント

楽天銀行の法人口座を申し込み! SPUの条件になった楽天銀行の「給与振込」「賞与振込」も可能!

筆者は法人口座としてPayPay銀行と三井住友銀行を利用している。基本的にはPayPay銀行を利用し、給与振込もPayPay銀行での振り込みを利用している。

楽天市場のSPU(スーパーポイントアッププログラム)では、2022年7月1日(金)以降、楽天銀行のSPU条件として楽天銀行+楽天カードの条件に「給与」「賞与」「年金」の受け取りが追加された。楽天銀行で楽天カードの代金を引き落としていると+0.5%となり、給与・賞与・年金の受け取りを楽天銀行に指定している場合は+0.5%の合計1%還元だ。

楽天のSPU、楽天カード+楽天銀行が変更 給与・賞与・年金の受け取りで+1倍に
楽天のSPU、楽天カード+楽天銀行が変更 給与・賞与・年金の受け取りで+1倍に

楽天のSPUでは、2022年7月1日(金)に変更となる。 現在、楽天カードの利用代金を楽天銀行に設定して引き落としていると、楽天市場での買い物が+1倍となるが、7月1日(金)以降は+0.5倍となる。 ...

続きを見る

そこで、PayPay銀行の法人口座で「給与」や「賞与」として振り込むことができないのかを確認していたところ、PayPay銀行には「給与振込サービス」はないとの事。

PayPay銀行は給与振込サービスがない

PayPay銀行は給与振込サービスがない

「給与」「賞与」として振り込みできれば、スルガ銀行ANA支店でも毎月50マイル獲得できるのだが。

色々と調べていると、楽天銀行の法人口座では「給与・賞与振込(WEB-FB:ファームバンキング)」サービスがり、導入費用・月額基本料はかからず、webの画面上で依頼ファイルをアップロードすると大量の振込ができる。

WEB-FB依頼ファイルの仕様を見ると「サービス区分」として「給与」は「6」、「賞与」は「7」とあり、これらを利用する事で、「給与」や「賞与」として振り込みできそうだ。

給与・賞与振込(WEB-FB:ファームバンキング)の仕様

給与・賞与振込(WEB-FB:ファームバンキング)の仕様

なお、振込手数料は通常の手数料と同様で、以下の手数料となる。

振込金額(税込)
3万円未満 3万円以上
楽天銀行あて振込手数料 52円
他行振込手数料 150円 229円

早速、楽天銀行の法人口座を開設申込みした。本人確認書類や全部事項履歴証明書などを同封して郵送。

マイナポイントだけでないマイナンバーカードで法人の印鑑登録証明書を郵送で取得! PaSoRiが意外と役に立つ!
マイナポイントだけでないマイナンバーカードで法人の印鑑登録証明書を郵送で取得! PaSoRi(パソリ)が意外と役に立つ!

法人の銀行口座や法人の証券口座を開設する際、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)や印鑑登録証明書が必要となる場合がある。 登記簿謄本については、「登記・供託オンライン申請システム」の「かんたん証明書請求」 ...

続きを見る

なお、給与・賞与振込については、開設後に「給与・賞与振込申込書」を郵送する必要があるようだ。申込書を郵送して、2~3週間必要となるようで、口座開設から給与・賞与振込(WEB-FB:ファームバンキング)が利用できるようになるまでは2ヵ月弱かかりそうだ。

2022年7月のSPUには間に合わないかもしれないが、楽天銀行の法人口座開設+給与振込でSPUの+0.5%が加算されるかを確認したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース