Visa LINE Payクレジットカードが1%還元に! 組み合わせで乗り切ろう!

クレジットカード特集 コラム プリペイドカード

Visa LINE Payクレジットカードが1%還元に! 組み合わせで乗り切ろう!

Visa LINE Payクレジットカードの還元率が2022年5月以降に1%にダウンした。

Visa LINE Payクレジットカードは2022年5月から1%還元に
Visa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)は2022年5月から1%還元に

LINE Payは、2022年5月1日(日)より、Visa LINE Payクレジットカードの還元率を1%に変更する。 2022年4月30日(土)までは2%還元のキャンペーン期間中だったが、5月1日( ...

続きを見る

元々、還元率が2.0%から1.0%に下がることは発表があり、寧ろ、3%から2%、2%から1%と段階的に下げていったため、2021年5月からの2%還元がボーナス期間だったと考えた方が良い。

LINE Pay、2021年5月以降はチャージ&ペイで一律0.5%還元に Visa LINE Payクレジットカードは2%還元に
LINE Pay、2021年5月以降はチャージ&ペイで一律0.5%還元に Visa LINE Payクレジットカードは2%還元

LINE Payは、2021年5月1日(土)以降、LINEポイントクラブとVisa LINE Payクレジットカードのポイント還元率を変更すると発表した。 LINEポイントクラブは、期間内に獲得したL ...

続きを見る

Visa LINE Payカードで貯まるポイントはLINEポイントとなり、コード決済サービスのLINE Payなどで利用する事ができる。以前、LINE PayとPayPayが2022年以降に統合予定と発表があったが、今の時点では統合予定はなくなっており、PayPayとLINE Payはそれぞれのブランドで併用するとのことだ。

PayPayとLINE Pay、加盟店でのQRコード連携を開始 2022年4月にはPayPayに統合
PayPayとLINE Pay、加盟店でのQRコード連携を開始 2022年4月にはPayPayに統合

PayPayとLINE Payは、2021年4月下旬以降、PayPay加盟店の内、店舗のQRコードを読み取る方式でLINE Payでの支払いができるサービスを開始する。 2022年4月にはLINE P ...

続きを見る

さらに、LINEポイントとPayPayポイントの統合も未定となっており、LINE Pay利用者にとっては、そのままVisa LINE Payクレジットカードを利用すればよいだろう。

PayPayポイントが共通ポイント化 2022年秋頃予定
PayPayポイントが共通ポイント化 2022年秋頃予定

PayPayでは、2022年秋頃からPayPayを共通ポイント化する。 PayPayポイントを加盟店が購入し、ポイントを付与できる仕組みを導入することで、決済に加え、ポイントカードとして利用できるよう ...

続きを見る

還元率が1%にダウンしたとしても、Visa LINE Payクレジットカードの年会費は無料、還元率は1%と、同条件の楽天カードやPayPayカード、Amazon Mastercardなどに切り替えるのも手間がかかるだけだ。LINEポイントよりもポイントの使い勝手は良いかもしれないが、わざわざ固定費などの引き落としカードを変更する必要もない。

年会費無料で還元率が高くなるリクルートカード(1.2%還元)の場合は変更するメリットもあるだろう。それでも、リクルートポイントからPontaポイントやdポイントに交換する手間を考えると、0.2%アップも微妙な感じもする。

還元率を上げるには、Visa LINE Payクレジットカードと併用するのが良いだろう。使える場所は限定されるが、実店舗ではセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードでのQUICPayで3%還元がある。貯まるポイントは永久不滅ポイントとなり、LINEポイントよりは使い勝手は落ちるが、ポイントを消費するまではポイント運用サービスを利用するのも良いだろう。デメリットは、QUICPay加盟店以外では還元率が落ちること。固定費の支払いは、これまで通りVisa LINE Payクレジットカードをそのまま利用した方が良いだろう。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードで永久不滅ポイントが最大5%還元されるキャンペーンを実施 QUICPay利用分が常時3%
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードで永久不滅ポイントが最大5%還元されるキャンペーンを実施 QUICPay利用分が常時3%の特典も追加

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードでは、2020年11月24日(火)~2021年1月5日(火)までに申し込みすると、永久不滅ポイントが最大5%還元されるキャンペーンを開始した。 期間中にセ ...

続きを見る

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードよりも還元率は劣るが、Visa LINE Payプリペイドカードを利用するのも良い。Visaのタッチ決済またはiD加盟店で利用すると2%のLINEポイントが貯まるサービスを2022年7月1日(金)以降に開始する。

Visa LINE Payプリペイドカードの特典が変更に タッチ決済は2%還元
Visa LINE Payプリペイドカードの特典が変更に タッチ決済は2%還元

Visa LINE Payプリペイドカードでは、2022年7月1日(金)以降、特典を変更する。 Visa LINE PayプリペイドカードをGoogle Pay、Apple Payに登録し、タッチ決済 ...

続きを見る

これまで設定してきた固定費の支払いなどはVisa LINE Payクレジットカードのままで、iDやVisaのタッチ決済が利用できる場合はVisa LINE Payプリペイドカードを利用する。セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとVisa LINE Payクレジットカードを併用するよりも貯まるポイントが同一のため使い勝手も良いだろう。

なお、Visa LINE Payプリペイドカードでのタッチ決済分の2%については、1ヵ月5,000ポイントまでの上限がある。2%で5,000ポイントであれば1ヵ月25万円までの利用となり、通常の使い方の場合は問題ないはずだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プリペイドカード
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース