丸井グループ 第1回エポスカード会員向け社債を申し込んで見た!

クレジットカード特集 コラム

丸井グループ 第1回エポスカード会員向け社債を申し込んで見た! 1億円募集で20億円の応募あり

丸井グループでは、エポスカード会員向けに社債の発行を開始した。

資金は「五常・アンド・カンパニー」「クラウドクレジット」の2社を通じて、世界の社会貢献と成長に活用されるとのこと。「五常・アンド・カンパニー」は、途上国の低所得個人向け小口融資マイクロファイナンスを展開。「クラウドクレジット」は、貧困層支援や教育問題など社会的課題の解決に取り組む企業や領域に投資し、経済的なリターンと社会的なリターンの両立を実現する投資手法を提供している。

第1回エポスカード会員向け社債は、2022年4月18日(月)14:00~5月10日(火)23:59までの申込みとなり、応募多数の場合は抽選だ。抽選結果は5月13日(金)以降にメールで送られる。

丸井グループ、エポスカード会員向け社債を発行 一部をエポスポイントで支払い
丸井グループ、エポスカード会員向け社債を発行 一部をエポスポイントで支払い

丸井グループは、2022年4月以降、エポスカード会員向けの社債を発行し、金利の一部をエポスポイントとして支払うサービスを開始する。 エポスカード会員向け社債は1年間となり、募集金額は1億円程度。利率は ...

続きを見る

申し込む場合は、専用サイトでアカウントの登録が必要だ。登録後、エポスNetでログインし、口座情報などを連携する。特に本人確認書類の提示などは必要なかった。

社債申込み専用ページ

社債申込み専用ページ

今回は100口(100万円)で申し込んだ。

社債を申込み

社債を申込み

利率は1%となるが、エポスカード会員向けの社債の面白いところは、1%のうち、0.7%がエポスポイントとして支払われる点だ。さらに、社債購入分は年間ボーナスポイントサービスの利用金額の対象となるため、100万円購入した場合は、これだけでエポスゴールドカードやエポスプラチナカードのボーナスポイントを獲得できる。

なお、5月12日(木)のニュースリリースによると、発行額1億3,000万円にたいして、約20億円分の抽選申し込みがあったようだ。今回筆者の申込みは抽選で落選。

丸井グループの社債が落選

丸井グループの社債が落選

今後も「応援投資」の取り組みは検討される予定となっているため、次回以降申し込みたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース