You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 条件を満たさなくてもエアライン・ホテルの上級会員資格が手に入る!? ステータスマッチに挑戦!

条件を満たさなくてもエアライン・ホテルの上級会員資格が手に入る!? ステータスマッチに挑戦!

条件を満たさなくてもエアライン・ホテルの上級会員資格が手に入る!? ステータスマッチに挑戦!

一度は味わってみたい航空会社やホテルの上級会員。一度味わうと病みつきになり、上級会員資格を維持するため(だけ)に航空機搭乗やホテル宿泊を繰り返す「修行僧」と呼ばれる人達もいるという。しかし取得には相当数の利用実績が必要だ。しかし限定的ではあるものの、上級会員資格を取得する方法がある。今回はその方法を紹介しよう。

1.上級会員資格を適合させてくれる「ステータスマッチ」

「ステータスマッチ」聞きなれない言葉だと思う。これは競合他社の上級会員資格(ステータス)を自社の資格に適合(マッチ)させてくれるサービスのこと。平たく言うと、「私は○○社をひいきにしている上級会員だけども、今後はそちらの会社をメインで使ってもいいかなと思っているので、同じランクの上級会員に登録してね」と申し入れるわけである。

話を持ちかけられた会社側も、他社からの優良会員の引き抜きのチャンスと考えて受け付けてくれることもある、というわけだ。非公式に受け付けてくれる会社が多いが、公式なキャンペーンとして受け付けている会社(ユナイテッド航空、ベストウエスタンホテルなど)もある。

2.「マッチ」と「チャレンジ」

では何がしか上級会員資格を持っていれば受け付けてもらえるかというと、そう甘くはない。会社によってはその暦年の間有効な上級会員資格を付与してくれる場合もあるが、「ステータスチャレンジ」として「一定期間上級会員資格を付与し、その期間に条件を満たした場合正式な上級会員資格を付与する」といった対応の場合もある。

例えばユナイテッド航空の場合、競合他社のゴールドレベルの会員に対し、90日間のプレミアゴールド資格を付与し、90日間に12,500マイル分の搭乗実績があれば残りの暦年間も正式にプレミアゴールド資格が付与される。他にも、ステータスマッチの申し込みに際して航空券の予約が必要になる会社もある。

3.現在どこの上級会員でない人にもチャンスはある!

「そもそもどこの上級会員にもなっていないよ」という人が大半だと思う。しかし諦めるのはまだ早い。いくつかのクレジットカードは所持するだけで自動的に上級会員資格が付帯するのだ。

  1. デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費 26,000円+税)
  2. スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(年会費 31,000円+税)
  3. ヒルトンHオナーズVISAカード(年会費 ゴールド:13,950円、プラチナ:66,500円)

これらが代表的なクレジットカードだ。特に「ヒルトンHオナーズVISAカード」は、プラチナカードに入会し、暦年間のショッピング総額が120万円を超えるとヒルトンのダイヤモンドステータスが得られる。額面上の還元率は低いが、それ以上の価値があるポイントプログラムとも言えるだろう。

4.上級会員になれるチャンスは基本的に1回

ステータスマッチはそうそう何回も受け付けてもらえるものではない。良くて数年に一度、場合によっては1つのアカウントにつき生涯で1回のみということもある。せっかくのチャンス、利用頻度が多い年を狙って申し込みたいところだ。

ステータスマッチはある意味裏技的な方法だが、上級会員を実体験できるので大変魅力的だ。筆者も航空会社、ホテルともにステータスマッチに成功した経験がある。もし興味があるエアライン・ホテルプログラムがあれば、チャレンジしてみても面白いだろう。

About The Author

tidaliathan

クレジットカード、電子マネー、ポイントカード、マイレージプログラムが理由もなく好きです。知識とデジタルデバイスを駆使してより満足度の高い支出をすることをモットーとしています。クレジットカードは10枚以上使用していますが、メインで使っているのはコスト・ベネフィット比に優れる(と思っている)セゾンプラチナカードとソラチカカードです。ステータスマッチ、バイマイル、株主優待なども守備範囲です。

Number of Entries : 24

© 2013 ポイ探

Scroll to top