住信SBIネット銀行のVisaデビットプラチナカードをATMで利用してみた!

コラム デビットカード

住信SBIネット銀行のVisaデビットプラチナカードをセブン銀行ATMで利用してみた! 不具合無く利用可能!

金属質感カードとして誕生した、住信SBIネット銀行のプラチナデビットカード(Mastercard)。こちらのメリットは金属っぽいカードにもかかわらず、ATMや券売機で利用できると言う事だ。

基本的に、金属カードはATMでの利用は推奨されていないが、キャッシュカード付きのデビットカードであるプラチナデビットカード(Mastercard)はATMで利用できなければ大問題となる。

住信SBIネット銀行のデビットカードも金属化!? プラチナデビットカード(Mastercard)のスゴいところとは?
住信SBIネット銀行のデビットカードも金属化!? プラチナデビットカード(Mastercard)のスゴいところとは?

2022年3月下旬より、住信SBIネット銀行のデビットカードがナンバーレス化となる。 カードに掲載されるのはローマ字氏名、署名欄、支店名のみとなり、それ以外のデビットカード番号、有効期限、セキュリティ ...

続きを見る

住信SBIネット銀行では、全国のセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMではスマホだけで入出金できるが、キャッシュカードの利用の場合は、ゆうちょ銀行、イオン銀行等でも利用できる。

ATMの利用手数料は、スマプロランクに応じて毎月の無料回数が決まる仕組みだ。プラチナデビットカード(Mastercard)を保有している場合は、スマプロランクがランクが+2となりスマート認証NEOを登録していれば、ランク4が確定する。

スマプロランクが4の場合

スマプロランクが4の場合

ランク4の場合、他行宛振込手数料は月20回、ATM利用手数料は月20回無料となり、振込手数料はほぼかからないだろう。筆者も毎月子供の習い事などで振込を行っているが、毎月10回前後となり、20回を超える利用はない。

なお、筆者はキャッシュレス派のためATMは数ヶ月に1回しか利用しないが、今回は検証のためセブン銀行ATMで出金してみることにした。ATMにカードを入れるが、特に不具合無く取引が完了。1,000円を引き出したが、利用明細「不要」と選択してしまったため、再度1,000円を出金。

セブン銀行ATMでプラチナデビットカード(Mastercard)を利用

セブン銀行ATMでプラチナデビットカード(Mastercard)を利用

金属カードの場合は安心してATMでの取引はできないが、金属質感カードの場合は、全く問題は無かった。

何かあった時の事を考えると、ラグジュアリーカードの家族カード・追加カードなども含めて、全て金属カードというのは、使う場所を気にする必要があるため、アメックスやダイナースのように、追加でプラスチックカードまたは追加で金属カードの発行ができる方が安心して利用できるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, デビットカード
-, , , ,

© 2023 ポイ探ニュース