南海電鉄、Visaのタッチ決済の利用可能駅を拡大

クレジットカード

南海電鉄、Visaのタッチ決済の利用可能駅を拡大

南海電気鉄道は、2022年4月25日(月)~12月11日(日)まで、泉北高速鉄道の5駅でVisaのタッチ決済による実証実験を実施する。

既に専用改札機を設置済みの「中百舌鳥駅」を含めて、泉北高速鉄道の全駅でVisaのタッチ決済の利用が可能となり、南海電鉄との乗り継ぎ時には、乗り継ぎ割引が自動的に適用される。南海電鉄・泉北高速鉄道ともに各運賃から50円ずつの割引となり、合計100円引きだ。

また、5月より、順次、南海電鉄の5駅(岸和田駅、泉佐野駅、和歌山大学前駅、北野田駅、林間田園都市駅)に専用改札機を新設し、これまで18駅だった利用可能駅を大幅に拡大し、南海電鉄と泉北高速鉄道併せて、計28駅でVisaのタッチ決済の利用が可能になった。

入出常時に駅窓口でVisaのタッチ決済機のあるカードやスマートフォンをタッチすると入出場が可能だ。利用できるのは大人運賃となり、小児運賃は対象外。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース