丸井グループ、エポスカード会員向け社債を発行 一部をエポスポイントで支払い

クレジットカード

丸井グループ、エポスカード会員向け社債を発行 一部をエポスポイントで支払い

丸井グループは、2022年4月以降、エポスカード会員向けの社債を発行し、金利の一部をエポスポイントとして支払うサービスを開始する。

エポスカード会員向け社債は1年間となり、募集金額は1億円程度。利率は税引前で1%となり、0.3%が金銭、0.7%がエポスポイントで支払われる。なお、利子所得の金額については、国税の15.315%、地方税の5%が源泉徴収される。

エポスカード会員のみの募集となり、申込時にはエポスNetへのログインが必要だ。また、エポスカードに登録済みの金融機関から引き落とされる。

申込は1人1回。1人当たりの申込上限額は100口の100万円だが、申込額が予定発行額を超過した場合は抽選によって決定となる。申込下限額は1口1万円。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース