福岡市地下鉄で、Visaのタッチ決済を活用した一体型改札機通過に関する実証実験を開始

クレジットカード

福岡市地下鉄で、Visaのタッチ決済を活用した一体型改札機通過に関する実証実験を開始

福岡市地下鉄では、2022年5月~2023年2月末まで、一部の駅で交通系ICとタッチ決済の両方を利用できる一体型自動改札機を設置し、タッチ決済機能付きカードでの乗車に関する実証実験を行う。

期間中、福岡市地下鉄の福岡空港、東比恵、博多、祇園、中洲川端、天神、呉服町(調整中)で、Visaのタッチ決済機能付きカードやスマートフォンなどをかざすことで乗り降りが可能となる。他の国際ブランドのタッチ決済は検討中だ。

福岡地下鉄ではICカードの「はやかけん」や、全国相互利用サービスで利用できるSuica、PASMOなどでも乗車できるが、同一の改札機でVisaのタッチ決済を利用した乗車ができる仕組みは日本の交通事業者で初の取り組みとなる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース