SPGアメックスからMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへの変更は改悪なのか改善なのか

クレジットカード特集 コラム ゴールドカード

SPGアメックスからMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへの変更は改悪なのか改善なのか

2022年2月24日(木)から、SPGアメックス(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)はMarriott Bonvoyアメックス・プレミアム(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード)に変更となる。

アメリカン・エキスプレス、Marriott Bonvoyの新しい提携カード「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード」「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」を発行
アメリカン・エキスプレス、Marriott Bonvoyの新しい提携カード「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード」「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」を発行

アメリカン・エキスプレスは、2022年2月24日(木)より、Marriott Bonvoyの新しい提携カード「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード」「Marriott Bon ...

続きを見る

SPGアメックスはMarriott Bonvoyのゴールドステータス、年1回の無料宿泊特典を利用できるカードで、JALのマイラーにも人気のカードだった。

SPGアメックスよりもMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムの方がメリットがある人は?

年会費はSPGアメックスが34,100円だったがMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムでは49,500円と15,400円もアップする。一般的なゴールドカードなみの年会費がアップするため、大幅値上げだ。

ポイント還元率とゴールドエリート会員資格が付帯することは同じだが、カード保有だけで毎年獲得できていた無料宿泊特典は年間150万円以上利用しなければ付帯しなくなる。年会費アップと、無料宿泊特典を考えると改悪と言えるだろう。

SPGアメックスからMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムへの変更で改悪にならない人は、家族カードを保有しており、毎年150万円以上利用している場合だ。SPGアメックスの家族カードは17,050円となるため、年会費合計は51,150円となり、家族カードが1枚目が無料のMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムの方が年会費は安くなる。

SPGアメックス Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム
年会費 基本カード 34,100円 49,500円
家族カード 17,050円 1枚目無料
2枚目以降24,750円/枚
ポイント Marriott Bonvoy
参加ホテルでの利用
100円につき6 Marriott Bonvoyポイント
日々の利用 100円につき3 Marriott Bonvoyポイント
継続特典 無料宿泊特典 50,000ポイント分(年間150万円以上利用)
ポイント追加 +15,000ポイントまで(最大65,000ポイントまで)
エリート会員資格 ゴールドエリート
プラチナエリート △(年間400万円以上利用)

無料宿泊特典も、+15,000ポイントまで追加できるのは意外とメリットがあり、従来は50,000ポイント以下のホテルが対象だった。60,000ポイントまでになると、後述するがウェスティンホテル東京などでもカード継続時の無料宿泊特典を利用できる。

さらに、年間400万円以上利用する場合はプラチナエリートも付帯できるようになり、宿泊以外でプラチナエリートを狙うことができるメリットもある。最近、アメックスのプレミアムカードで付帯するスマホ補償も対象となり、以下のような人には改善と言えるだろう。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムがSPGアメックスよりも改善となる場合

  • 夫婦でMarriott Bonvoyポイントを貯めている人
  • 年間150万円以上使う人
  • プラチナエリートを狙いたい人

プラチナエリートとゴールドエリートは大きく以下のような違いがある。

シルバーエリート ゴールドエリート プラチナエリート
ボーナスポイント +10% +25% +50%
部屋のアップグレード エンハンスドルームへの
アップグレード
一部スイートを含む
エンハンスドルームへの
アップグレード
レイトチェックアウト 優先 14:00まで 16:00まで
ウェルカムギフト 250ポイント or 500ポイント ポイント、朝食、
アメニティから選択可
ラウンジアクセス

しかし、年間150万円未満しか使わなく、家族カードも不要な人には改悪だ。毎年カード継続で獲得できていた無料宿泊特典を楽しみにしていた場合、年会費23,100円のMarriott Bonvoyアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)にダウングレードもせず、解約した方が良いだろう。

Marriott BonvoyアメックスかMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムか

では、年間150万円以上利用する場合に、Marriott BonvoyアメックスかMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムかはどう判断すれば良いだろうか。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムとMarriott Bonvoyアメックスで特典の比較をしてみよう。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム Marriott Bonvoyアメックス
年会費 基本カード 49,500円 23,100円
家族カード 1枚目無料、2枚目以降24,750円/枚 1枚目無料、2枚目以降11,550円/枚
ポイント Marriott Bonvoy
参加ホテルでの利用
100円につき6 Marriott Bonovyポイント 100円につき4 Marriott Bonvoyポイント
日々の利用 100円につき3 Marriott Bonvoyポイント 100円につき2 Marriott Bonvoyポイント
継続特典 無料宿泊特典 △(年間150万円以上利用) △(年間150万円以上利用)
エリート会員資格 シルバーエリート
ゴールドエリート △(年間100万円以上利用)
プラチナエリート △(年間400万円以上利用)

年間150万円以上利用する場合は、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムもMarriott Bonvoyアメックスもゴールドエリートを取得でき、無料宿泊特典も付帯するため、Marriott Bonvoyポイントについて考える。

Marriott Bonvoyポイントでの無料宿泊特典では、ホテルカテゴリと宿泊時期によって必要なポイント数が変わる仕組みだ。

カテゴリ 対象ホテル オフピーク スタンダード ピーク
カテゴリ1 5,000 7,500 10,000
カテゴリ2 10,000 12,500 15,000
カテゴリ3 フェアフィールド・バイ・マリオット札幌 等 15,000 17,500 20,000
カテゴリ4 コートヤード・バイ・マリオット名古屋 等 20,000 25,000 30,000
カテゴリ5 シェラトン都ホテル東京 等 30,000 35,000 40,000
カテゴリ6 東京マリオットホテル 等 40,000 50,000 60,000
カテゴリ7 ウェスティンホテル東京 等 50,000 60,000 70,000
カテゴリ8 東京エディション虎ノ門 等 70,000 85,000 100,000

例えば、スタンダードでシェラトン都ホテルでは1泊35,000ポイント、ウェスティンホテル東京は60,000ポイント、ザ・リッツ・カールトン東京は85,000ポイントだ。

ホテル名 大人2人で1泊に必要なポイント数(2022年3月の土曜び宿泊時)
シェラトン都ホテル東京 35,000ポイント(17,243円~)
ウェスティンホテル東京 60,000ポイント(30,902円~)
ザ・リッツ・カールトン東京 85,000ポイント(58,973円~)

無料宿泊特典での1ポイントの価値を考えると0.5円程度だろう。

シェラトン都ホテル東京とウェスティンホテル東京で1泊無料宿泊できるポイントを獲得するには、年間どのくらい利用すればよいのか。

年間利用額の全てをMarriott Bonvoy参加ホテル以外利用した場合、年間10万~300万円を利用した時の獲得ポイント数は以下のようなグラフになる。

Marriott Bonvoyアメックスでの獲得ポイント数比較

Marriott Bonvoyアメックスでの獲得ポイント数比較

35,000ポイントをMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムで獲得するには年間120万円、Marriott Bonvoyアメックスで獲得するには180万円の利用が必要だ。60,000ポイントの場合はMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムで200万円、Marriott Bonvoyアメックスでは300万円の利用となる。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム Marriott Bonvoyアメックス
シェラトン都ホテル東京(35,000ポイント) 120万円 180万円
ウェスティンホテル東京(60,000ポイント) 200万円 300万円

Marriott Bonvoyアメックスを年間200万円利用した場合、40,000ポイント獲得でき、シェラトン都ホテル東京に1泊宿泊可能だ。150万円を突破しているため、さらに1泊宿泊でき、ゴールドエリートの獲得ができる。一方、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの場合は、60,000ポイント獲得できウェスティンホテル東京に1伯宿泊可能だ。150万円を超えているため、カード継続時の無料宿泊特典も利用できる。ただし、カード継続時で利用できるのは50,000ポイントまでのため、このポイント数ではウェスティンホテル東京にもう1泊はできない。

ウェスティンホテル東京とシェラトン都ホテル東京の1泊料金の違いは約11,500円。年会費の差は26,400円となり、この差をどう考えるかだ。

例えば、年間240万円利用した場合、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムでは72,000ポイント獲得できる。この場合、年間150万円以上利用した時の無料宿泊特典に+10,000ポイントを加えるとウェスティンホテル東京に2泊する事が可能となり、Marriott Bonvoyアメックスよりもおトク感はあるのではないだろうか。

従って、年間250万円以上を利用する場合はMarriott Bonvoyアメックス・プレミアム、年間150万~250万円程度の場合はMarriott Bonvoyアメックス、年間150万未満は他のカードが良さそうだ。

JALマイラーの場合は?

Marriott Bonvoyポイントは60,000ポイントがJALのマイルに交換すると25,000マイルに交換可能だ。60,000ポイントを貯めるには、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムでは年間200万円の利用、一方、Marriott Bonvoyアメックスの場合は300万円の利用が必要だ。

つまり、年会費49,500円のMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムでは年間200万円の利用で25,000マイル、年会費23,100円のMarriott Bonvoyアメックスの場合は年間300万円の利用で25,000マイルの獲得だ。

例えば、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、年会費は22,000円となり、JALのマイルが貯まるSAISON MILE CLUBに登録できる。SAISON MILE CLUBは1,000円につき10マイルに加え、2,000円につき永久不滅ポイントが1ポイント貯まる。

年間300万円を利用した場合、30,000マイルに加え、永久不滅ポイントが1,500ポイント貯まる。永久不滅ポイントは200ポイントがJALの500マイルに交換できるため、別途3,500マイル+100ポイントだ。合計33,500マイル+永久不滅ポイントの100ポイントとなる。

Marriott Bonvoyアメックスでは年会費が23,100円で年間300万円を利用した時に25,000マイル、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が22,000円で年間300万円を利用した時に33,500マイル+永久不滅ポイントが100ポイントと、マイル獲得で考えた場合は、もっと効率の良いカードがある。

年間200万円を利用した場合を考えて見ると、20,000マイル+1,000ポイント=22,500マイルだ。Marriot Bonvoyアメックス・プレミアムでは年会費49,500円で25,000マイルの獲得、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費22,000円で22,500マイルの獲得。2,500マイルの差はあるが、年会費分を考慮すると、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの方が有利ではないだろうか。

なお、永久不滅ポイントからJALマイルへの交換時のレートアップキャンペーンは定期的に行われており、その場合は200ポイントが600マイルに移行できる。

今回のSPGアメックスからMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムへのリニューアルは、マイルを貯めるカードと言うよりは、やはりマリオット系列のホテルを楽しむカードへと変更されたのではないだろうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード
-, , , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース