米Apple、iPhone端末を非接触型決済端末として利用ができるTap to Payを開始

クレジットカード

米Apple、iPhone端末を非接触型決済端末として利用ができるTap to Payを発表

米Appleでは、2022年2月8日(火)に、iPhone端末を非接触型決済端末として利用できるTap to Payを発表した。

Tap to Pay on iPhoneは、iOSアプリを使用するだけで、加盟店はApple Payなどの非接触型決済に対応する事ができるようになる。iPhoneのTap to Payで非接触型決済を受け入れるためには追加ハードウェアは必要ない。

加盟店はiPhone XS以降のデバイスで対応するiOSアプリを通じて、非接触型決済の受け入れができるようになり、利用者は会計時にApple Payやタッチ決済対応のクレジットカード、デビットカードなどを加盟店のiPhoneに近づけるだけで支払う事ができる。

企業は、Tap to Payを利用できるiPhoneがあれば、どこでビジネスを行っていても非接触での決済受け入れることが可能となる。

Tap to Pay on iPhone

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース