秋田中央交通と秋田市、地域連携ICカード「AkiCA(アキカ)」のサービスを開始

電子マネー

秋田中央交通と秋田市、地域連携ICカード「AkiCA(アキカ)」のサービスを開始

秋田中央交通と秋田市では、2022年3月26日(土)より、地域連携ICカード「AkiCA(アキカ)」を開始する。

AkiCAはチャージした残高でバスの運賃などを支払う事ができるカードだ。SuicaおよびSuicaと相互利用できるエリアでも利用できる。

AkiCAは1,000円での発売となり、500円はデポジットのため、利用できる金額は500円。1,000円単位で2万円までチャージ可能だ。なお、AkiCAを退会するときにはデポジットの500円は返金される。

秋田中央交通・秋田市での対象バスを利用すると、乗車区間の運賃に応じて交通ポイントが貯まる。3%分の交通ポイントが貯まり、貯まった交通ポイントが利用する区間運賃と同額まで達している場合は、自動的に交通ポイントが運賃として充当される。有効期限は交通ポイントの付与・利用が1年無かった場合に失効する。

AkiCAの開始に伴い、2022年3月26日(土)以降は各種回数券の販売を終了する。また、紙式1日乗り放題乗車券も販売終了だ。

今後、秋田中央交通ではIC定期券を、秋田市では2022年秋頃から秋田市高齢者コインバス事業を開始する予定となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース