セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでセゾンポイントモールの一休.comで予約してみた!

クレジットカード特集 コラム プラチナカード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでセゾンポイントモールの一休.comで予約してみた! 10%超の還元も可能!

2022年の夏休みの旅行を考えていた。飛行機は特典航空券を利用し、レンタカーを予約。残りはホテルの予約だ。

楽天トラベルのレンタカーはクーポン活用でおトクに! 予約タイミングをチェック!
楽天トラベルのレンタカーはクーポン活用でおトクに! 予約タイミングをチェック!

楽天トラベルのレンタカーではクーポンが非常におトクだ。これまでも何度かクーポンを利用している。 クーポンは利用条件が決まっており、○円以上で△円OFFと言う感じだ。また、エリアが指定されている場合もあ ...

続きを見る

オフィシャルサイトと一休.comを比較したところ、オフィシャルサイトでは529,125円(税・サ込)。一休.comでは一休ポイントを利用すると544,920円(税・サ込)と15,795円分高くなる。ただし、ポイントなどを考えると、おそらく一休.comの方が安くなるため、今回は一休.comで予約する事にした。

一休.comを利用する際におトクなのが、以前紹介した三井住友カード プラチナプリファード。通常の1%のVポイントに加え+6%のVポイントを別途獲得できる。

三井住友カード プラチナプリファードでエクスペディアで予約してみた! 10%のVポイントを獲得可能!
三井住友カード プラチナプリファードで旅行の予約をしてみた! 7% or 10%のVポイントを獲得可能!

全国的にGo Toトラベルが一時停止となり、筆者も予定していた宿泊をキャンセルした。飛行機を利用するような旅行だったため、新たに車で行けるような近場のホテル・旅館を予約。Go Toトラベルの一時停止が ...

続きを見る

しかし、今回利用したのはセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードだ。セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、2021年7月1日(木)より、海外旅行傷害保険の適用条件を自動付帯から利用付帯に変更しているが、新たにセゾンの超優待を開始している。

セゾンカードでネットショッピングなどの優遇サービスが開始 セゾンのふるさと納税が最大10%還元
セゾンカードでネットショッピングなどの優遇サービスが開始 セゾンのふるさと納税が最大10%還元

セゾンカードでは、2021年7月以降、海外旅行傷害保険の利用条件が変更となることに伴い、ネットショッピングなどでの優遇サービスを開始した。 セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードなどのプラチ ...

続きを見る

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、STOREE SAISONでは合計50万円まで10%OFF(最大5万円まで)、セゾンポイントモール約30では合計50万円まで10%還元(最大5万円まで)、セゾンのふるさと納税では合計50万円まで10%還元(最大5万円まで)と、合計15万円おトクになる特典だ。年会費22,000円(税込)という事を考えると、これだけでも年会費以上おトクとなる。

このセゾンポイントモールの10%還元については一休.comも対象だ。

セゾンポイントモールの還元は一休.comも対象

セゾンポイントモールの還元は一休.comも対象

プラチナの場合は最大10%還元となり、三井住友カード プラチナプリファードの7%還元よりもおトクになる可能性もある。

なお、旅行予約の場合は注意書きがあるため、確認したところ「2022年6月30日までに予約し、2022年10月までに利用(宿泊完了)が確認できたもの」とあるため、夏休みの旅行は対象となる。特典については2022年12月末までに永久不滅ポイント付与とあり、実際のポイント付与まではかなりの時間がかかる。

では、実際に獲得できるポイント数を計算してみる。筆者はセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを保有し、セゾンクラッセは☆6、SAISON MILE CLUBでマイルを貯める設定にしている。

まず、一休.comの予約金額は573,600円(税込)。一休ポイントを利用し544,920円の支払いだ。

ポイントモールの場合は、基本的に税抜に対するポイント付与だが、一休.comの合計金額には税・サ込の金額しか表示されていない。サービス料は10%、消費税も10%で計算すると、474,060円(税・サ抜)となる。

上記の条件で獲得できるポイント数を計算。

決済額に対するマイルを計算すると1,000円につき10マイルのため5,440マイル。続いて2000円につき1ポイントを獲得できるため273ポイントの永久不滅ポイントが貯まる。

セゾンポイントモールを利用すると通常のポイントに対して1倍分が貯まるため1,000円につき1ポイントの474ポイントだ。さらに、超優待での20倍分として9,480ポイントとなる。ちなみに10,000ポイントがセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでの上限だ。

セゾンクラッセ分を考えると、☆6の場合は+1倍分で544ポイント。また、セゾンクラッセの☆5以上の場合は旅行サイトで+1倍分を獲得できるため474ポイントの獲得となる。

セゾンクラッセ☆5以上での+1倍

セゾンクラッセ☆5以上での+1倍

これらのポイントを合計すると11,245ポイント+5,440マイルの獲得。1ポイント=5円計算にすると56,225円相当のポイントと5,440マイルの獲得となり、1マイル=1.5円で計算した場合は約11.8%還元とかなりの還元率となる。

オフィシャルサイトで予約すると529,125円で1%還元のクレジットカードを利用した場合は5,291ポイントの獲得となり、実質523,834円。一方、一休.comでセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを利用した場合は、実質480,535円となり、オフィシャルサイトで予約するよりも43,299円もおトクとなる。

なお、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、年間50万円までが10%還元の対象だが、毎年7月1日でリセットされるため、次回は7月以降に予約すれば、また10%還元の特典を受けられる。

一休.comをおトクに予約できる方法はいくつかあるが、50万円程度の予約の場合はセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが最もおトクになりそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プラチナカード
-, , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース