平和堂とシルタス、購買データをヘルスケアに活用する実証実験を開始

ポイントプログラム

平和堂とシルタス、購買データをヘルスケアに活用する実証実験を開始

平和堂と買い物データから食事管理するアプリ「SIRU+」を開発するシルタスは、2021年10月21日(木)より、健康寿命延伸を目指した実証実験を開始した。

SIRU+は、スーパーマーケットのポイントカードなどに紐付く購買履歴から栄養の偏りを可視化し、栄養バランスが整う食材やレシピをオススメするアプリだ。来店者はアプリを介して栄養アドバイスをうけることができ、スーパーマーケットは来店者の健康ニーズにマッチした食の提案ができる。

2021年10月21日(木)~2022年2月28日(月)まで、SIRU+アプリをダウンロードし、平和堂のポイントカードであるHOPカード情報を登録した状態で、HOPカードを提示して買い物すると、購入した食材がSIRU+に自動で登録され、栄養計算される。アプリ上で不足栄養素を補える食品やレシピを提案する。

滋賀県内の平和堂が対象となり、SIRU+の利用前後での参加者の健康意識や購買意識、購買行動の変化を検証する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース