Mastercard、2033年までにクレジットカードとデビットカードで磁気ストライプを廃止

クレジットカード デビットカード

Mastercard、2033年までにクレジットカードとデビットカードで磁気ストライプを廃止

Mastercardは、2033年までにクレジットカードとデビットカードの磁気ストライプを廃止すると発表した。

磁気ストライプは1960年代初頭にクレジットカードに搭載されたが、現在は86%にICチップが使用されている。

フェニックス社が2021年7月に行った調査では、米国のカード会員の81%が磁気ストライプのないカードを安心して利用できると回答し、92%が磁気ストライプがなくなっても使用率は変わらないと回答している。

ICチップが普及している欧州などの地域では、2024年にMastercardのクレジットカードやデビットカードから磁気ストライプが消え始め、2027年からは米国の銀行で磁気ストライプ付きのチップカードを発行する必要がなくなる。

2029年までに、磁気ストライプを使用したMastercardのクレジットカードやデビットカードは新たに発行されない。ただし、米国およびカナダのプリペイドカードについては対象外となっている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, デビットカード
-

© 2022 ポイ探ニュース