TOKYO 2020 ウェアラブル(クレジット)が到着! 実際にセブン-イレブンで使ってみた!

クレジットカード特集 コラム 一般カード

TOKYO 2020 ウェアラブル(クレジット)が到着! 実際にセブン-イレブンで使ってみた!

東京オリンピックが2021年7月23日(金)から開始となる。今回、三井住友カードからリストバンド型の「TOKYO 2020 ウェアラブル」が発行されたため申し込むことにした。

三井住友カード、タッチ決済搭載の「TOKYO 2020 ウェアラブル」を発行開始
三井住友カード、タッチ決済搭載の「TOKYO 2020 ウェアラブル」を発行開始

三井住友カードは、2021年7月13日(火)より、タッチ決済搭載の「TOKYO 2020 ウェアラブル」の発行を開始した。 TOKYO 2020 ウェアラブルは、Visaのタッチ決済が搭載されたリスト ...

続きを見る

TOKYO 2020 ウェアラブルは、2020本限定での商品となり、ウェアラブル(クレジット)とウェアラブル(プリペイド)の2種類用意されている。ウェアラブル(クレジット)の申し込みにはTOKYO 2020 CARD(クレジット)が必要となるため、若干ハードルは高いが、ウェアラブル(プリペイド)は誰でも申し込むことが可能だ。

ウェアラブル(クレジット) ウェアラブル(プリペイド)
初回発行手数料 3,300円 3,300円(別途初回チャージ2,020円)
入会資格 満18歳以上でTOKYO 2020 CARD(クレジット)保有者 満12歳以上
ポイントサービス Vポイント(0.5%) 利用金額の0.25%(キャッシュバック)
支払方法 TOKYO 2020 CARDで指定されている口座 チャージ残高
支払回数 1回のみ 1回のみ
利用可能額 10万円 残高の範囲内(チャージ上限10万円)
チャージ方法 クレジットカード、インターネットバンキング
入会審査 あり なし
有効期限 約1年 約1年

筆者は、TOKYO 2020 CARD(クレジット)を保有しているため、ウェアラブル(クレジット)を申し込むことに。

TOKYO 2020 CARDが到着! 「東京2020オリンピック 観戦チケット」が当たるキャンペーンも

目次1 TOKYO 2020 CARD(TOKYO 2020 OFFICIAL CARD)とは?2 TOKYO 2020 CARD(TOKYO 2020 OFFICIAL CARD)を申し込み3 TO ...

続きを見る

入会はTOKYO 2020 CARD(クレジット)を保有しているか確認するために、Vpassにログインして申し込む。2021年7月14日(水)に申し込み、7月21日(水)に到着した。なお、Vpassアプリには「TOKYO 2020 W」と表示され、カードの画像が表示されているところにはリストバンドで表示される。8月10日(火)の支払金額が3,300円となっているのは初回発行手数料となる。

Vpassアプリには「TOKYO 2020 W」で表示

Vpassアプリには「TOKYO 2020 W」で表示

プラチナカードなどが送られてくるような箱で送られてきた。

ウェアラブル(クレジット)が到着

ウェアラブル(クレジット)が到着

箱を開けると、携帯電話などのSIMのようなチップが付いており、そのチップをリストバンドに装着することで利用する事ができる。

ウェアラブル(クレジット)のチップとリストバンド

ウェアラブル(クレジット)のチップとリストバンド

今回申し込んだのはデザインAのタイプとなり、東京2020マスコットの「ミライトワ」が付いている。チップを見ると有効期限が2022年6月末までとなっており、約1年間利用することが可能だ。

東京2020マスコット「ミライトワ」とチップ

東京2020マスコット「ミライトワ」とチップ

このチップをリストバンドの裏面に挿入することでリストバンドをかざしてタッチ決済を利用する事ができるようになる。

リストバンドにICチップを挿入

リストバンドにICチップを挿入

早速、セブン-イレブンでTOKYO 2020 ウェアラブル(クレジット)を利用してみることに。レジでクレジットカードを選択して端末にリストバンドをかざす。セブン-イレブンの端末はいつも反応が悪く、なかなか決済が完了しない。レシートを見ると「VISACREDIT」と表示されている。

ウェアラブル(クレジット)で支払った時のレシート

ウェアラブル(クレジット)で支払った時のレシート

なお、Vpassアプリで通知の設定を行うと、アプリとメールで通知されるが、利用の数分後にアプリに通知が来た。

ウェアラブル(クレジット)での利用通知

ウェアラブル(クレジット)での利用通知

東京オリンピックはあまり盛り上がってもいないが、リストバンドで買い物すれば、少しは盛り上がるかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 一般カード
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース