岩手県北バス、地域連携ICカードの名称が「IGUCA(いぐか)」と「ハチカ」に決定

電子マネー

岩手県北バス、地域連携ICカードの名称を「IGUCA(いぐか)」と「ハチカ」に決定

岩手県北バスは、2022年春にサービスを開始する地域連携ICカードの名称・デザインを発表した。

地域連携ICカードは、バスの定期券や各種割引などの地域独自サービスと、Suicaエリアで利用可能な乗車券や電子マネーなどのSuicaが1枚で利用できるサービスだ。

岩手県内での新たなカードは「IGUCA(いぐか)」に決まり、岩手県の方言で「いぐ(行く)」(IGU)とカード(CARD)を組み合わせた名称だ。カードデザインは「行ぐか」と声を発しているイメージとなる吹き出しの組み合わせとなる。

開始後は、MORIO-Jポイントから岩手県北バスの交通ポイントに交換できるサービスも予定している。

また、八戸圏域での新たなカード名は公募により「ハチカ」に決まり、デザインは八戸工業大学感性デザイン学部創生デザイン学科に依頼し、学部内でのコンペを経て決定した。

具体的な独自サービスなどは決定次第の発表となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース