警視庁、警察手数料等の窓口でキャッシュレス決済に対応

クレジットカード 電子マネー

警視庁、警察手数料等の窓口でキャッシュレス決済に対応

警視庁は、2021年7月1日(木)より、警察手数料等窓口で、クレジットカードと電子マネーによる支払いに対応する。

全警察署窓口と運転免許試験場窓口、運転免許更新センター窓口、指定警察署(運転免許)窓口が対象となり、以下の対象科目で利用可能だ。

  • 自動車運転免許(試験・更新等)
  • 自動車運転免許(行政処分者講習)
  • 自動車運転免許(経歴証明書交付)
  • 道路使用許可
  • 車庫証明
  • 銃砲等所持許可
  • 古物営業許可
  • 風俗営業許可
  • 質屋営業許可
  • 火薬類取締事務
  • 警備業認定等
  • 探偵業届出証明
  • 情報公開
  • 放置車両確認事務
  • 自動車運転代行業

利用できるクレジットカードはVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、DISCOVER、銀聯、電子マネーはSuica等の交通系電子マネー、iD、QUICPay、楽天Edy、nanaco、WAONだ。

キャッシュレス決済導入について

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, 電子マネー
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース