You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ブラックカードの「都市伝説」って本当なの?

ブラックカードの「都市伝説」って本当なの?

ブラックカードの「都市伝説」って本当なの?

当コラムでもクレジットカードの最高峰「ブラックカード」については触れたことはあるが、ブラックカードの都市伝説について考えてみたい(上記写真は、一般カードの「Orico Card THE POINT」)。

そもそも「ブラックカード」は存在するのだろうか? 「ブラックカード」や「プラチナカード」については定義がない。どこからブラックカードで、どこからプラチナカードという明確な線引はないのだ。そのため、「ザ・クラス」や「SBIワールドカード」をブラックカードと言う人もいれば、プラチナカードと言う人もいる。この定義について、カード会社にも確認してみたが、答えは同様だった。

ブラックカードについての情報を知りたい場合は、発行会社に取材するか、取得者に取材する、自分で保有するのどれかになる。一番簡単なのは発行会社に取材することだろう。しかし、ブラックカードを発行していると思われるようなクレジットカード会社に、ブラックカードの取材を依頼しても確実に拒否される。ブラックカードに都市伝説があるのは、各メディアに取り上げられないためだろう。

インターネット上には本当か嘘かわからないような都市伝説も多い。今回は、それらの都市伝説について、筆者なりの考えを書いてみたい(筆者もプラチナカードは複数所有している)。

都市伝説1:予約できないレストランでも、コンシェルジュにお願いすると予約ができた

急な来客で、レストランを予約しようとしたが断られた。しかし、コンシェルジュデスクにお願いすると、直ぐに予約ができた、と言う都市伝説。

クレジットカード会社は、有名レストランとの提携がある。一見さんお断り、のようなレストランでも提携があれば予約することも可能だ。そのため、クレジットカード会社用に用意されている席の予約ができることはあり得る話だ。

都市伝説2:入手困難なコンサートチケットを入手できた

既に販売終了している、入手困難なコンサートチケットをコンシェルジュデスクにお願いすると入手してくれた、と言う都市伝説。

都市伝説1と同様、カード会社と提携がある場合は入手できるかもしれない。例えば、ザ・クラスは大相撲の溜席を何席か確保している。また、三井住友カードは宝塚のスポンサーのため、良い席を予約することが可能だ。

しかし、既に満席になっているチケットを無理やり入手してもらうことはできないのではないだろうか。コンサートチケットになると、座席が決まっている。わざわざ、特別なお客さん向けに数席用意している場合は可能だが、物理的に満席になっている場合はお客さんに違う席に移動してもらわなければならない。既に満席のチケットを無理やり予約することはできないと思われる。

都市伝説3:コンシェルジュデスクでホテルや航空券を予約するとアップグレードしてくれる

コンシェルジュデスクでは、電話1本で旅行の手配を行ってくれる。チェックインすると、予約した部屋より良い部屋にしてくれる場合がある、と言う都市伝説。

これは、カードによっては実際にあるサービスとなる。エコノミークラスで予約しても、同じ料金でビジネスクラスにアップグレードしてくれたり、2席分用意してくれたりするサービスもある。また、ホテルでも同様にクラブフロアにアップグレードしてくれたりする。

全てのプラチナカードなどで受けられるサービスではないが、実際に提供しているカード会社は存在する。

都市伝説4:深夜に有名ブランドショップがブラックカード保有者のためにお店を開けてくれた

深夜に、奥さんの誕生日プレゼントを買いたかったが、お店が閉まっていた。コンシェルジュデスクに電話すると、営業時間が終了しているにもかかわらず、買い物させてくれた、というような都市伝説。

これは、ブラックカードに力があるのか、それとも、保有者に力があるのか、という事を考えなければならない。例えば、筆者がブラックカードを持っていたとして、コンシェルジュに依頼したところで有名ブランドショップが深夜に開けてくれるとは思えない。しかし、ハリウッドスターが開けて欲しいといえば、開けてくれるのではないだろうか? たまたま、そのハリウッドスターがブラックカードを持っていた、と考えるのが自然だろう。

ブラックカードが凄いのか、持っている人が凄いのか。いろんな都市伝説が生まれるのは、後者の影響が大きく、それがブラックカードが凄い、と言う噂になっているように思える。もちろん、実際のサービスとして提供されているものも多く存在するため、ブラックカードの価値がないと言うわけではない。ただ、ブラックカードを持てば全て解決される、というのは言いすぎだろう。

ちなみに、「ブラックカード」と自ら宣言しているカードがある。それは「楽天ブラックカード」だ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 971

© 2013 ポイ探

Scroll to top