ラグジュアリーカード会員向けの特典で“熊野牛”のシャトーブリアンを20%OFFで購入してみた!

クレジットカード特集 コラム ブラックカード プラチナカード

ラグジュアリーカード会員向けの特典で“熊野牛”のシャトーブリアンを20%OFFで購入してみた!

ラグジュアリーカードのアプリでプッシュ配信があり「LCオーナーズコミュニティ」で「熊野牛」が20%OFFで購入できるとの案内が届いた。

和歌山県特産の熊野牛を数量限定でラグジュアリーカード会員に限定販売するとのことだ。通常価格から20%OFFとなり、4,400円(税込)相当のレトルトカレー8食分も付いてくる。

以下の2つのコースがある。

  1. 熊野牛(国産和牛)サーロインステーキ 180g x 2枚+レトルトカレー8食分 … 通常価格26,000円(税込)
  2. 熊野牛(国産和牛)シャトーブリアン 150g x 2枚+レトルトカレー8食分 … 通常価格28,000円(税込)

2021年9月末まで、それぞれ20%OFFで購入できる。

早速、オンラインショッピングにアクセスし、アプリに表示されているパスワードを入力。

今回はシャトーブリアンを選択。シャトーブリアンと良く聞くが、どこの部位なのかは知らないため調べてみると、牛1頭からとれるヒレ肉4kgから600g程度しかとれない貴重なステーキとのこと。

本当におトクなのかを確認するために「あかみ屋」の店舗のwebサイトでの価格を確認。「紀州和歌山【国産】和牛シャトーブリアン 150g x 3枚」が通常18,360円が8%OFFで16,892円で販売している。

あかみ屋のwebサイトでの料金

あかみ屋のwebサイトでの料金

ラグジュアリーカード会員は28,000円が20%OFFで22,400円だが、本家webサイトでは150g x 3枚、ラグジュアリーカードは150g x 2枚で量も違う。

熊野牛シャトーブリアン

熊野牛シャトーブリアン

高く買ってしまったかと思ったが、ラグジュアリーカードでは"熊野牛"、本家webサイトでは"国産和牛"とかしか書かれておらず、おそらく値段の違いはブランド牛と言う事だろう。

「畜産協会わかやま」によると、熊野牛は高級和牛ブランドで、こだわりと特徴は、以下のように紹介されている。

紀州和歌山の山塊に抱かれた自然豊かな環境の中で、緑豊かな山々から湧き出る美しい水と100%植物性飼料で丹精込めて育てられた、美味しい”和歌山ふるさとの味・熊野牛”をどうぞご賞味下さい。

その肉質は、きめ細やかで柔らかく、味香ばしく、肉そのものの風味に優れています。さらに焼いたときの香ばしい香りの良さも熊野牛ならではの魅力です。

早速ラグジュアリーカードで購入する事に。購入から1週間程度で到着した。

ラグジュアリーカードで購入したシャトーブリアン納品書

ラグジュアリーカードで購入したシャトーブリアン納品書

カレーセットと肉が入っている。なお、畜産協会わかやまによると、熊野牛は認定制度があるようで、認定シールを交付し、熊野牛であることを証明しているとのこと。が、特にパッケージにもシールは貼られておらず、熊野牛なのかは正直わからない。ここは信用するしかないのだろう。

熊野牛(国産和牛)シャトーブリアン 150g x 2枚+レトルトカレー8食分

熊野牛(国産和牛)シャトーブリアン 150g x 2枚+レトルトカレー8食分

脂身の多い肉は食べると気持ちが悪くなってしまうが、ちょうど良さそうな肉だ。

早速焼こうと思ったが、フライパンなどで焼くのは難しそうだ。失敗しないようにヘルシオを利用する事にした。レシピブックを見ると「あぶり焼きビーフステーキ」があり、上手に調理してくれるだろう。1枚あたり100~120gで2枚のメニューになっているため、こちらを選択。

ヘルシオ「あぶり焼きビーフステーキ」

ヘルシオ「あぶり焼きビーフステーキ」

調理途中はものすごくいい匂いがする。匂いを届けられないのが残念だが、レンジを開けてみると良いできあがり。

ヘルシオで焼いた熊野牛のシャトーブリアン

ヘルシオで焼いた熊野牛のシャトーブリアン

肉は箸でも切れるくらい柔らかく、ちょうど良い量だった。

ちょうど良い焼き上がり

ちょうど良い焼き上がり

今回の「あかみ屋」の肉は、ラグジュアリーカード会員であれば誰でも20%OFFで購入できる。在宅時間も増えているため、少し贅沢をしたいと言う場合には最適だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード, プラチナカード
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース