在留外国人向けに後払いチャージ機能付きプリペイドカード「YOLO Card」が発行開始

プリペイドカード

在留外国人向けに後払いチャージ機能付きプリペイドカード「YOLO Card」が発行開始

YOLO JAPANは、福岡銀行とKipp Financial Technologiesと提携し、2021年4月30日(金)より、在留外国人向けに後払いチャージ機能付きプリペイドカード「YOLO Card」の提供を開始した。

YOLO Cardは、クレジットカードのような審査やデビットカードのような口座確認の必要がなく、在留外国人の方が簡単に発行できるカードだ。また、後払いチャージ機能を利用することで、手元にお金がなくてもチャージする事ができる。

申し込みにはYOLO JAPANが運営する在留外国人向け情報メディアでの会員登録と、発行される申込番号が必要だ。

YOLO Cardはバーチャルカードとリアルカードの2種類あり、バーチャルカードは登録直後に発行される。リアルカードを申し込むには300円(税込)が必要だ。残高上限は10万円、1回のチャージ上限は3万円、月間のチャージ上限は12万円となる。

お金がなくてもアプリから簡単にチャージでき、後日指定期間内にコンビニで後払いチャージ利用額に手数料を加えて支払う。手数料は3,000~4,000円の場合は300円、5,000~7,000円の場合は500円、8,000~10,000円の場合は700円、11,000~20,000円の場合は900円、21,000~30,000円の場合は1,100円となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-プリペイドカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース