宿泊予約サイトのReluxが「最低価格保証」の規約を削除? 他の予約サイトを使った方が安心?

クレジットカード特集 コラム

宿泊予約サイトのReluxが「最低価格保証」の規約を削除? 他の予約サイトを使った方が安心?

2021年5月2日

宿泊予約サイトのReluxからメールが届き、2021年5月18日(火)以降の規約が改定するとのことだ。

Reluxは、全国から満足度の高いホテルや旅館を厳選して紹介する高級宿泊予約サイトとなる。

利用規約の第22条の返金規定が廃止されるようで、第22条では最低価格保証が明記されている。つまり、最低価格保証のサービスを終了するという事だろう。

Reluxの規約内容変更案内

Reluxの規約内容変更案内

Reluxを2016年に使ったときには、サイトに「最低価格保証」と書かれていたのだが、確かに最近のサイトを見ると「最低価格保証」については書かれていない。

いつ頃から表記されなくなったのかを確認したところ、2020年11月頃からのようだ。それ以降は、トップページから「Reluxの特徴」が消えており、最低価格保証については利用規約を見る必要があった。

2020年前半のReluxサイトには「最低価格保証」が明記

2020年前半のReluxサイトには「最低価格保証」が明記

なぜ、最低価格保証をやめるのかは不明だが、エクスペディアも2017年10月に終了しているのも影響がありそうだ。

一度紹介したことがあるが、最低価格保証やベストレート保証などは、実際はそれほど重要ではない。もちろん、タイミングによっては保証サービスを利用することができるのだが、やはり、予約者にとってそこで予約すれば良いと言う安心感はあっただろう。

「最低価格保証」「ベストレート保証」の罠 そこで予約すれば必ずおトクというわけではない

目次1 最低価格保証は最安値で宿泊予約できるわけではない2 返金対象となる例3 返金対象とならない例 旅行サイトで「最低価格保証」や「ベストレート保証」という文字を見たことが無いだろうか? ヒルトン・ ...

続きを見る

様々な予約サイトでは、会員向けの割引、ポイント還元などもあり、これらを考慮した宿泊金額については最低価格保証の対象外。従って、最低価格保証との明記があったとしても、様々な割引を使った方が安くなる可能性もあるわけだ。

例えば、2021年5月22日(土)で大人2名で検索。箱根の「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」を一休.comとReluxで見てみよう。【レジデンス】ジュニアスイートはどちらも142,000円(税込)で同一料金となる。

一休.comではステージ制が導入されており、筆者はダイヤモンド会員のため宿泊時のポイントが5%貯まる。

一休.comのゴールド会員以上の「プライベートセール」っておトクなの? ダイヤモンド会員限定のセールも

目次1 最大2万円まで旅行や飲食で使えるクーポン「Go To キャンペーン」とは?2 一休.comのゴールド会員とは?3 一休.comのプライベートセールとは?4 一休.comのプライベートセールはど ...

続きを見る

5%分のポイントは即時利用する事ができるため、実質134,915円で予約可能だ。

一休.comでダイヤモンド会員の5%ポイント即時利用

一休.comでダイヤモンド会員の5%ポイント即時利用

続いて、Reluxは、プラチナカードなどの特典で5~10%OFFで利用する事ができる。

三井住友プラチナカードやMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに付帯するReluxの5%OFFクーポンを使って予約してみた

目次1 Reluxとは?2 Reluxコンシェルジュに検索依頼3 5%OFFの特典は、カード会社のサイトからのアクセスが必要4 本当に最低価格保証なの? 三井住友プラチナカードやMUFGカード・プラチ ...

続きを見る

au PAYゴールドカード用クーポンコードを入力すると10%OFFで利用でき、127,800円(税込)での予約ができる。

Reluxでau PAYゴールドカードのクーポン適用

Reluxでau PAYゴールドカードのクーポン適用

今回は、Reluxの方が安く予約できたが、もし一休.comのポイントを利用した方がおトクに予約できた場合でも、最低価格保証の申請はできない。理由は一休.comの5%OFFのポイントは、誰でも利用できるわけではないためだ。

Reluxの最低価格保証の対象外について

Reluxの最低価格保証の対象外について

最低価格保証は明記されていたとしても、実際使う事が難しいため、やはり、予約する際には様々な予約サイトで比較するのがおすすめだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース