3つ目のジュニアNISAはSMBC日興証券で申し込み! オンラインでの申し込みは不可

コラム 共通ポイント

3つ目のジュニアNISAはSMBC日興証券で申し込み! オンラインでの申し込みは不可

長男は楽天証券でジュニアNISAの口座開設を、三男はSBI証券でジュニアNISAの申し込みを行ったが、オンラインでの申し込みができない次男のSMBC日興証券のジュニアNISAを申し込んだ。

楽天証券の未成年総合口座+ジュニアNISA口座開設完了! 両親の楽天カードで投信積立できるの?
楽天証券の未成年総合口座+ジュニアNISA口座開設完了! 両親の楽天カードで投信積立できるの?

先日、楽天証券で長男の未成年総合口座とジュニアNISA口座の開設を行った。口座申込は2020年11月28日(土)となるが、ようやくジュニアNISA口座まで開設が完了。 年末の処理であり、かつ必要書類が ...

続きを見る

SBI証券のジュニアNISA口座を申し込んで見た! 本人確認書類は住民票の写しが一番便利!
SBI証券のジュニアNISA口座を申し込んで見た! 本人確認書類は住民票の写しが一番便利!

2020年末に長男のジュニアNISA口座を開設したため、次男・三男のジュニアNISAの口座も開設することにした。 長男は楽天証券で口座開設したため、次男・三男は別の証券口座で申し込むことにする。次男は ...

続きを見る

最初はチャットで問い合わせてみたが、チャットでは資料請求すらできない。結局電話で問い合わせることに。電話でジュニアNISAの口座を開設するために未成年口座を開設したいと伝えて、筆者の支店名と口座番号を伝える。子どもの名前や年齢等を伝え、住所・電話番号は筆者の情報から簡単に伝える事が可能だ。ネットでの取引のため、ダイレクトコースを選択。SBI証券と同じように伝えた内容が入力された申込書が届くのだろう。

書類一式が届いたが、子どもの名前などは入っていたが、筆者の口座情報などは入力されていないため、意外と記入する項目があった。提出する書類は以下の8つ。

  1. 総合取引申込書
  2. 個人番号(マイナンバー)告知書
  3. 反社会的勢力ではないことの表明・確約に関する同意
  4. 未成年者口座での取引に関する届出書
  5. A未成年者の個人番号を確認する書類
  6. B未成年者の身元および親権者の代理権を確認する書類
  7. C親権者の身元が確認できる書類
  8. ジュニアNISA申請書(任意)

これまで子供の口座を3件申し込んだが、SMBC日興証券の本人確認書類は非常にわかりやすい。

SMBC日興証券の本人確認書類

SMBC日興証券の本人確認書類

最近は、個人情報の確認書類が複数必要となるが、ジュニアNISAや未成年口座の場合は親子関係を証明する必要があるため、住民票の写しが一番便利な書類となる。住民票の写しの取得時に、個人番号の記載と続柄にチェックを入れて取得すれば1つの書類で、多くの書類を兼ねることができる。自治体にもよるが、セブン-イレブンでマイナンバーカードを使って住民票の写しを安く取得でき、さらにnanacoで支払う事ができるため、間接的にポイントの獲得も可能だ。

住民票の取得でもポイントゲット! マイナンバーカードの場合はnanaco支払いも可能!

目次1 住民票交付はマイナンバーカードが最安2 コンビニでの住民票の取得方法は?3 住民票でnanacoポイントを獲得できる? 住民票交付はマイナンバーカードが最安 先日、住民票が必要となった。住民票 ...

続きを見る

これが、一番マイナンバーを発行して良かったと思う特典だ。

e-Taxとマイナポータルを連携しているとクレジットカード納付情報などがマイナポータルに通知される!
e-Taxとマイナポータルを連携しているとクレジットカード納付情報などがマイナポータルに通知される!

先日「マイナポータルに新しいお知らせが届きました」という件名のメールが届いた。 マイナポータルからのメール フィッシング詐欺のようなメールの可能性もあるため、マイナポータルのサイトにアクセスしてログイ ...

続きを見る

次男の口座をSMBC日興証券にした理由は、SMBC日興証券は日興フロッギーでdポイントを利用できるためだ。

SMBC日興証券の日興フロッギーでdポイント投資サービスが開始! 実際にdポイントでドコモ株を購入してみた!

目次1 日興フロッギーでdアカウントの連携方法は?2 日興フロッギーでdポイントを使って投資してみる3 投資に使えるdポイントは期間・用途限定ポイントも利用可能!4 dポイントが貯まる記事を読もう!5 ...

続きを見る

未成年口座でもdポイントを利用したりできるのか、口座開設後に確認したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース