JCB、SMALL WORLDS TOKYOでNFCタグを活用したデジタルスタンプラリーの実証実験を開始

クレジットカード

JCB、SMALL WORLDS TOKYOでNFCタグを活用したデジタルスタンプラリーの実証実験を開始

JCBは、2021年4月20日(火)~6月21日(月)までの間、SMALL WORLDS TOKYOでNFCタグを活用したデジタルスタンプラリーの実証実験を行う。

NFCは非接触型のICタグで、スマートフォンをかざすだけで情報を読み取ることが可能だ。

期間中、SMALL WORLDS TOKYO施設内の各エリアに設置さているNFCタグにスマートフォンをかざすと、該当エリアのデジタルスタンプを獲得することができる。全てのスタンプを集め、アンケートに答えると、抽選で特製エコバッグや自身のミニチュアフィギュアなどの賞品に交換できる。

SMALL WORLD TOKYOは、世界最大級の屋内型ミニチュアテーマパークとなり、2022年3月末までJCBカードを利用すると、入場料が10%OFF(17時以降は1,000円で利用可)、通常1,000円(税込)のセルフ・バックヤードツアーが2名まで無料、通常1名500円(税込)のJCBラウンジが2名まで無料で利用できるキャンペーンも実施中だ。ただし、JCBプリペイドは対象外、一部対象外のカードもある。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-,

© 2021 ポイ探ニュース