クレジットカードやポイントでの積立投資、おつり投資が絶好調! 全てで150万円程度の含み益に!

クレジットカード特集 コラム 共通ポイント

クレジットカードやポイントでの積立投資、おつり投資が絶好調! 全てで150万円程度の含み益に!

2021年4月10日

クレジットカードでの投信積立は、SBI証券+タカシマヤカード、楽天証券+楽天カード、tsumiki証券+エポスカード、セゾンポケット+セゾンカードで行っている。また、楽天証券では楽天ポイント、SBI証券ではTポイント、tsumiki証券ではエポスポイントを使っても投資を行っており、おつり投資としてトラノコも利用中だ。

今回は、1年毎の投資成績を紹介しているが、同じようなタイミングで、それぞれの投資で評価額が100万円や200万円を突破したので紹介したい。

楽天証券+楽天カード+楽天ポイントで約62万円の含み益!

楽天証券では楽天ブラックカードを利用して毎月5万円の積立投資を行っている。積立投資しているのは「楽天・全米株式インデックス・ファンド」だ。これまで1,559,812円の投資を行い、613,092円の含み益。評価額は2,172,904円となる。なお、全てが楽天カードによる積立ではなく、楽天カードでの積立前に楽天ポイントで購入した分も含まれている。

楽天証券+楽天カード+楽天ポイントの積立

楽天証券+楽天カード+楽天ポイントの積立

また、楽天ポイントの通常ポイント分も同じファンドに投資しているが、楽天カードでの積立投資を開始してからは、楽天ポイントによる投資分のみ一般口座にしている。こちらは、57,453ポイント投資し、13,742円分が含み益となるため、評価額は71,195円となる。つまり、ポイントの価値が20%以上アップしたことになる。

楽天証券で楽天ポイント投資

楽天証券で楽天ポイント投資

もちろん、現時点での含み益であり、今後状況によっては減ったり増えたりする。

楽天カードでの投信積立+ポイント投資の3年間の運用成績を公開! 含み益? 含み損?

楽天ポイントの通常ポイントでポイント投資をし始めてから3年経った。その間、楽天カードによる投信積立サービスも開始しており、同じファンドを購入していたため投信積立だけの成績、ポイント投資だけの成績を紹介 ...

続きを見る

tsumiki証券+エポスカード+エポスポイントでは含み益が50万円を突破!

続いて、エポスゴールドカードで投信積み立てしているtsumiki証券では、含み益が50万円を突破した。投資しているファンドは「セゾン資産形成の達人ファンド」となる。

1,501,500円分投資し、含み益が501,232円となり、評価額は2,002,732円と評価額が200万円を突破した。なお、1,500円分はエポスポイントでの投資となるため、ちょうど30ヵ月積み立てている事になる。

tsumiki証券+エポスカード+エポスポイントでの積立投資

tsumiki証券+エポスカード+エポスポイントでの積立投資

現在は、3年目の積立となっているため投信積立時に積立額の0.3%のエポスポイントを獲得可能だ。

tsumiki証券は3年目のため0.3%のポイントが付与される

tsumiki証券は3年目のため0.3%のポイントが付与される

tsumiki証券で2年間運用した結果を紹介! 毎月5万円ずつ積立投資しての運用成績と獲得ポイントを公開!

クレジットカードで投信積立ができるのが「tsumiki証券」。エポスカードで積み立てすることができ、tsumiki証券の口座開設時にはエポスカードの情報を利用するため、比較的簡単に口座開設も可能だ。ま ...

続きを見る

セゾンポケット+セゾンカードでも評価額が100万円突破!

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで積立投資しているセゾンポケットでも821,962円の投資が、200,450円の含み益となるため、評価額は1022,412円とこちらも100万円を突破した。

セゾンポケット+セゾンカードでの積立投資

セゾンポケット+セゾンカードでの積立投資

セゾンポケットでも毎月5万円の投資を行っているが、「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)」の積立のためか、ピッタリ5万円の投資にならないのが難しい。

セゾンポケットで1年間運用した結果を紹介! 1年間での含み益は5万円超!

前回はセゾンポケットでの積立投資を開始してから6ヵ月の運用成績を紹介した。 2020年11月12日(木)でセゾンポケットで1年間の運用となったため結果を紹介したい。セゾンポケットで積み立てているのが上 ...

続きを見る

SBI証券+タカシマヤカードでもうすぐ50万円突破!

SBI証券ではタカシマヤカード《プレミアム》で毎月5万円の積立投資を行っている。ファンドは「SBI - SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」となる。

これまで400,000円を積立投資し、65,772円の含み益。評価額は465,772円となる。こちらはもうすぐ50万円を突破する。他のファンドよりも積立金額が少ないのは、サービス開始時期が遅かっただけとなる。

SBI証券+タカシマヤカードでの積立投資

SBI証券+タカシマヤカードでの積立投資

これまでの投資先を見てもらってもわかるが、筆者は世界株に投資する投信を選んでいる。iDeCoや生命保険なども外国株式100%の配分だ。

タカシマヤカードで投信積立から2ヵ月! タカシマヤポイントも獲得できた!

2020年7月7日(火)より、タカシマヤカードで投信積立サービスが開始した。早速、タカシマヤカードで投信積立設定を行っていたが、ようやくタカシマヤポイント獲得までのスケジュールが判明したので紹介したい ...

続きを見る

おつり投資のトラノコも100万円を突破!

おつり投資サービスのトラノコでは、大トラで運用している。トラノコの難しい所は、これまで投資してきた金額がすぐにわからない点だろう。

おつり投資「トラノコ」で毎月5マイルゲット! 1年以上運用したトラノコの実績は?

目次1 トラノコでマイルを貯めるには?2 おつり投資トラノコでの運用実績は? トラノコでマイルを貯めるには? おつり投資の「トラノコ」では、2017年9月19日(火)より、毎月の投資に対して5マイル付 ...

続きを見る

筆者はエクセルで投資額を集計しており、これまで938,547円の投資が1,073,104円となっているため、含み益は134,557円だ。

おつり投資トラノコでの積立投資

おつり投資トラノコでの積立投資

3年程度でトータル150万円超の含み益に

それぞれをまとめると以下のようになり、投資額は約528万円で、含み益が約153万円と運用成績も良い。いずれも開始したのは3年以内であり、3年程度でのパフォーマンスとしては非常に良いだろう。

投資額 含み益
楽天証券+楽天カード+楽天ポイント 1,617,265円 626,834円
tsumiki証券+エポスカード+エポスポイント 1,50,1,500円 501,232円
セゾンポケット+セゾンカード 821,962円 200,450円
SBI証券+タカシマヤカード 400,000円 65,772円
トラノコ 938,547円 134,557円
合計 5,279,274円 1,528,845円

以前も書いたことがあるが、筆者はリーマンショック前から毎月3万円を積立投資していた時期があり、リーマンショックがあった後も継続で投資を続けていた。2015年に売却したが、222万円の運用益があったため、特定の株を購入する(株主優待のために保有している銘柄もある)よりも、世界株のインデックス投資で運用している。

クレジットカード積立は、証券口座を作る必要はあるが、入金手続が不要であり、非常に始めやすい。長期投資を考えているのであれば、カード積立はおすすめだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 共通ポイント
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース